Cross-to-talkの総合レビュー

japan-826639_1920

日本語でのレッスンが受講できるオンライン英会話、Cross-to-talkの総合レビューです。スタンスとしては、同じく日本人講師をメインに据えているEIGODOと同じですが、Cross-to-talkの方は、日本語の話せる外国人も採用されています。

スポンサーリンク

Cross-to-talkの簡易レビュー

こういった日本人系オンライン英会話をレビューする際の問題点は、採用基準ががばがば過ぎて、点数をつけるのが難しいところです。中には、海外の大学を出て高い英語能力を有している人もいれば、TOEIC800点程度でアルバイト感覚で講師をやっている人もいますので、一概に点数をつけることはできません。

【概要】

講師   :日本人、英語圏のネイティブスピーカー(日本語可)
講師の場所:自宅
授業形態 :マンツーマンレッスン
時間   :25分
教材   :なし
日本語対応:日本人、または日本語の話せる英語圏ネイティブスピーカー
30分の価格:講師のポイントによって300~700円程度
良い点  :講師が日本語で話せる、翻訳添削サービス有
悪い点  :英語レベルは講師によってまちまち

【スコア】

講師の質(教えかた):40~90点
講師の質(サービス):60~90点
教材        :なし
使い勝手      :50点
会社のサービス   :50点
総合点       :57.5点

スコアの採点の方法に関しては、以前の記事を参考にしてください。

このカテゴリでは、各オンライン会社のレビューを行っていきたいと思います。もっとも、レビューは機械的に採点できないものですので、主観に頼らなくてはいけませんが、その中でも最低限の基準は設けて置こうと思います。

日本人講師で日本語サポート万全

時差を利用して24時間レッスンを受講することが可能

下手したら、格安オンライン英会話以上に講師の差の違いが顕著化も知れません。というのも、採用基準は『TOEIC750点以上』『英検準一級以上』などなので、正直、TOEIC750点で英語が話せない人も数多くいます。今回私がレッスンを受講した方は、長年海外に住んでおり、TOEICも満点近く取られている方でしたので、発音、教え方ともに質の高いモノでしたが、プロフィールを見る限りそうでない方もいます。

Cross To Talk

会社概要を見るとクローストゥユーという会社が経営母体で、主な事業はオンライン英会話の提供のようですが、インターネットを探してみてもヒットしないので、正直どのような会社なのか見当もつきません。設立も2014年と若いですし、実績が無いのは確かです。ちなみに、無料体験のフォームなどがEIGODOとそっくりでしたので、もしかしたらウェブ構築は同じ業者に依頼したのかも知れません。

Cross-to-talkの特徴(メリットとデメリット)

前回、EIGODOのときにも日本人講師のメリット、デメリットについて書きましたが、がっつり英語を話しまくりたいのであれば、日本人講師はコストパフォーマンスが悪いです。ただし、日本語でわからない文章を訳してほしい、あるいは文法的な機能を理解したい、といったときには、日本人講師はお勧めできます。

スコア詳細

講師の質(教え方):40~90点

→レビューしづらいのですが、講師によって異なるとしか言えません。私の担当の講師はとてもきれいな発音でしたし、文法的理解も、学術的な単語の理解も深い方でしたので、一般的なネイティブの講師と比べても、なんらそん色ないレベルのクオリティだったと思います。

ただ、他の講師のプロフィールを読んでいる限り、中には、単に海外経験が長いだけの講師や、TOEICしか受けていない講師もいるようですので、正直、みんながみんなクオリティの高いレッスンを提供できるとは思いません。海外経験が長く、かつ、海外で働いている人や、海外の大学を出ている人であれば、それなりに英語能力も長けていますので、そういった講師をお勧めします。

講師の質(サービス):60~90点

→日本人ですし、社会人としてしっかりした受け答えをしてくれます。あまり不快な思いはしないと思いますが、こちらに関しても、残念ながら講師によるとしか言えません。中には、微妙な講師がいてもおかしくはありません。

教材        :なし

→特定の教材はありません。使うのであれば、講師に頼んで一緒に探したり、あるいは、こちらから教材を提供したり、といった形で対応していく形になるでしょう。文法的な理解を深めるためにも、例えば英語の文章を一緒に読んでいくとかのやり方でもいいかと思います。

使い勝手      :50点

→サイトの構成的には問題ありませんが、どうしても、新しい会社ですので規模がまだ小さいのがネックです。それさえ除けば、特段困ることはありませんし、海外在住の日本人もいて、24時間レッスンに対応できる人がいます。

会社のサービス   :50点

→こちらもいたって普通です。というか、EIGODOとサイトの構成が非常に似ていて、行えるサービスも似たようなものです。特段悪いわけではありませんが、良いと言うわけでもなく、運用上はごくごく問題が無い程度の感じでとらえておきましょう。

総合点       :60点

→評価が難しいですが、適切な用い方をしたら、効果的に学習することができると思いますが、教材もカリキュラムも無い形ですので、講師によっても、人によっても難しいことがあるかと思います。一応、理想的なやり方としては、初心者の場合はテキストなどを購入して、一緒に進めていくやり方であったり、中級~上級の場合は、洋書や新聞記事などを読んで、わからない部分を一緒に確認していく、といった形が推奨されます。

無料体験レッスンの流れ

日本語での簡単なやり取りののち、それじゃあちょっと英語で自己紹介してもらえるかな、といった流れでした。ここで、ある程度のレベルをチェックするような形で、その後、英語での達成目標や、具体的なレッスン内容のすりあわせに移ります。

私はもっぱら、英語記事の分かりづらい部分の解釈を一緒にお願いしました。具体的には、会計や、株価関係の記事で、その専門の方ではないにも関わらず、親切に教えてくれました。ただ、いくつかの記事のうち、一つは講師の方もよくわからなかったようで、授業後、30分くらいして『ああ、こういう意味だったよ』とメッセージが送られてきました。

こういった、文法的な解釈を、日本語で教えてもらえるのはとてもありがたいです。私も、海外で英語に携わる機会は多いのですが、時々、文法的にはよくわからないまま読み飛ばしている部分もありますので、こういったサポートがあれば英語勉強の手助けになりそうです。

メリット

上述の通り、日本語でのサポートが受けられるところです。そして、他の日本人系オンライン英会話(EIGODOやWOI)との違いですが、正直、講師によるとしか言えません。今回の講師の方は英語のスキルがかなり高い方でしたので、多少意地悪な質問にもポンポン即答できていましたが、TOEICのスコアが高いだけでは恐らくこうはいかなかったと思います。

デメリット

メリットの部分でも指摘したとおり、他の日本人系オンライン英会話との違いは余りありません。あるとしたら、それぞれの会社で働いている講師の差です。これは、実際に受けてみない分には分かりませんし、回数を重ねる必要があります。

ちなみに、Cross-to-talkの選考基準はEIGODOよりも緩く、TOEIC750点以上で採用可能です。ですので、TOEIC800点を基準にしているEIGODOより、機械的に考えれば講師の質は低いかもしれませんが、実際にはそうではなく、個々の実力によって異なります。

結論.

勉強方法を自分で確立できる人であれば、日本人の日本語を用いたレッスンは有用かと思います。そうでない場合、自分でカリキュラムが立てられない場合も、講師の人がちゃんとしていれば、一緒にカリキュラムを組んでくれます。ただし、こればっかりは講師によりますので、一度、無料体験レッスンを受講してみて『どんなカリキュラムを立てたらいいか』『どんな教材を使ったらいいか』を相談してみて、頼りになりそうでしたら決めましょう。

料金コース

最後に、料金プランです。コースはポイント制で、1pあたりおおよそ1円(どのくらい一括で購入するかにもよりますが)の価値があり、一回のレッスンでの消費ポイントは、大体250~600P程度です。

crosstotalk料金設定

crosstotalk料金設定

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ