EIGODOの総合・無料体験レッスン

garden-1011019_1920

在留日本人など、海外経験豊富な日本人が対応するオンライン英会話、EIGODOです。日本語が通用しますので、日本語での言い回しや、逆に日本語を英語に翻訳するときの言い回しなどを教えてもらうことができます。

スポンサーリンク

EIGODOの簡易レビュー

そもそも、日本人講師のオンライン英会話と、フィリピン人講師のレッスンとでは、使い方が違います。前者の方は、量より質といった形で、いわば家庭教師のような使い方をイメージしたほうがいいと思います。一方で後者は、会社にもよりますが、質よりも量で、そのほかの文法的なところは自力で補完する必要がありますので、そもそもの向いているベクトルが異なります。

【概要】

講師   :日本人
講師の場所:自宅
授業形態 :マンツーマンレッスン
時間   :30分
教材   :なし
日本語対応:ほぼ全員日本人
30分の価格:講師のポイントによって360~1080円(週6plan)
良い点  :講師が日本語で話せる、在留日本人を講師なので時差を活かして24時間レッスンが可能、日本人系にしては安い
悪い点  :英語レベルには疑問符がつくことも

【スコア】

講師の質(教えかた):50~85点
講師の質(サービス):60~85点
教材        :なし
使い勝手      :50点
会社のサービス   :50点
総合点       :57.5点

スコアの採点の方法に関しては、以前の記事を参考にしてください。

このカテゴリでは、各オンライン会社のレビューを行っていきたいと思います。もっとも、レビューは機械的に採点できないものですので、主観に頼らなくてはいけませんが、その中でも最低限の基準は設けて置こうと思います。

日本人講師で日本語サポート万全

時差を利用して24時間レッスンを受講することが可能

初心者は勿論、中級、上級でも、特定の話題(経済、物理、料理など)に関心がある場合は、それらを専攻している講師を探し出して、レッスンを受講すると、教材などを持ってきてくれることがあります。ただ、基本的には初心者向けのサービスコンテンツで、がっつり英語が話したい人には不向きかと思います。

EIGODO

経営母体は株式会社effect planという会社で、教育プランニングとオンライン英会話事業を生業にしているようです。ホームページだけですと、どんな会社かはよく分かりませんが、そこに募集講師の要件が掲載されていましたので、以下引用します。

EIGODOでは、以下の条件のいずれかに該当する実力のある日本人のみ採用しています。
・TOEIC850点以上 英検準1級以上
・公用語が英語圏の場所に2年以上在住経験あり
・英語講師・教員の経験が1年以上

念のため、TOEIC850点以上、あるいは公用語が英語の国に2年以上在住したからといって、英語が話せるわけではないのですが、一応、指標として確かにTOEIC850点以上あれば最低限の英語の基礎能力は見込めます。

ネイティブスピーカなどであれば人柄重視採用とかでもいいのですが、日本人の採用となると、やはりこのような採用基準がある程度きちんとしていた方が良いでしょう。

EIGODOの特徴(メリットとデメリット)

日本人の講師というのは、短所にもなりますし、長所にもなります。まず、本当に英語がペラペラの日本人は通訳などプロフェッショナル性の高い仕事をしているはずですので、どちらかと言えばこういった講師をしているのは、アルバイトとしての形態が多いです。なので、少し失礼ですが「最高レベルの英語」ではありません。特に、何年海外経験があろうとも、話せない人はたくさんいます。

一方、長所としては、日本語が通じるところです。あれ、この表現って日本語ではなんだっけ、とかあれ、この日本語表現英語ではなんていうんだっけ、とか、あとは細かい文法的な事項などすべて日本語で教えてもらうことが可能です。ですので、英語を勉強する目的やレベルにもよりますが、初心者~中級者まででしたら、こういった日本人講師を通じて文法事項などを身に着けていくやり方もよいと思います。

スコア詳細

講師の質(教え方):50~85点

→講師のランクがA~Cまで分かれており、レベルに応じて消費ポイントも違います。私が受講したのはCランクの、いちばん安い講師でしたが、それでも比較的、教え方は丁寧でした。中には、現地の語学学校でアジア人を対象に英語を教えている、という人もいますが、そうした人はランクが高く、消費ポイントも高いのがネックです。

ただし、注意しなくてはいけないのが、ネイティブではないですし、プロの教員ではないので、100%正しいわけではありませんし、正しい表現かどうかも怪しいです。あくまで、自転車の補助輪程度の感覚で取られておいた方が良いでしょう。

講師の質(サービス):60~85点

→さすがに日本人なだけあって、受け答えはしっかりしています。この辺は、我々のメンタリティが通用するので、受講していて気楽な部分もあるかと思います。中には学生のアルバイトの方もいますが、受け答え自体は悪くはありません(少なくとも、格安オンライン英会話のフィリピン人の学生アルバイトの粗雑さに比べるとかなりマシです)。

教材や勉強方法なども一緒に考えてくれますし、サービスの質については特段の問題はなさそうです。

教材        :なし

→特定の教材は用意されていませんが、講師がインターネットなどから拾ってきてくれたり、あるいは学校などで使うテキストを見せてくれたりします。この辺は、臨機応変に対応してくれるようで、逆にこちらからのテキストの持ち込みもオッケーです。

使い勝手      :50点

→いたって普通です。講師の数が若干少ないので、レッスンのコマの予約がしづらいときがありますが、時差を利用して24時間レッスンは受講できますし、まあ、いわゆる通常の小規模オンライン英会話と同じくらいの使い勝手です。

会社のサービス   :50点

→こちらもいたって普通です。レッスン後のフィードバックレポートもありませんし、ありがちなサポートシステムを見受けられません。経営母体自体が50人規模の小さな会社ですので、サービスに関してはそこまで期待しない方が良いでしょう。

総合点       :57.5点

→日本人系オンライン英会話の中では悪くない方だと思います。一番ランクの低い講師のレッスンを受講しましたが、英語力もそこそこでしたし、初心者~中級者の方であれば満足のいく内容だと思います。オンラインで行う家庭教師のようなものをイメージしていただけたらいいと思います。

ただ、日本人講師という性質がら、どうしても上級者レベルになって来ると物足りなさを感じてきてしまいますので、そういった方にはあまりおすすめできません。

メリット

上述の通り、日本人のみの講師ですので、日本語が完全に通用します。今まで、英語で何といえばよいのかわからなかったニュアンス、逆に、英語から日本語になんて訳したらいいのかわからなかったニュアンスなどを、日本語でしっかり理解することができます。

ただ、以前別の記事でも書きましたが、なんでも日本語に訳してしまう癖をつけると、速読や英会話に対応しきれなくなりますので、やはり、ある程度のレベルに達したら、完全に英語のみでのコミュニケーションをお勧めします。

デメリット

時々、講師の英語能力に疑問符が付きます。講師の応募要件は『TOEIC850点以上、または英検準一級以上』のようですが、例えば、TOEIC850点の講師に英語を習うと、TOEICではせいぜい850点とるのが限界です。

ついでに言うと、TOEIC850点あるから、英検準一級だから、海外経験が2年以上あるからと言って、英語が流暢であるとは限りません。勿論、TOEIC850点取っている時点でそれに達するまでの勉強法や考え方などは真似することができるかと思いますが、英会話に必要な英語力はTOEICでは測れませんので、注意しましょう。

結論.

冒頭で書いたように、フィリピン系のオンライン英会話とのすみわけをしましょう。あちらは『がっつり話す』系ですので、文法的な事項は自己補完する必要があります。対して、こちらは料金的にも、講師のレベル的にも『がっつり英語を話す』というよりは、日本語でしか理解できそうにない、センシティブな部分を説明してもらう、ことに焦点を当てた方が良いでしょう。

無料体験レッスンの流れ

まずは、私の際は日本語で軽いやり取りがあり、次いで、英語でのやり取りに移っていきました。ただし、英会話が苦手な人は、終始日本語で、多少英語を織り交ぜる程度のやり方でもいいと思いますし、ケースバイケースです。

自己紹介を終えたのち、私は自分のエッセイでどうやって英語に訳していいのかわからない部分を、アメリカに長年在住している日本人男性講師に聞きました。個人的には、100%同意はできませんでしたが、おおむね正しい英語を使っていたと思います。

レッスン内容については、正直人によりますので、私の今回のレッスンは参考にならないかもしれません。時にはインターネット教材を使ったり、時にはフリートークを行ったりと、やり方はまちまちのようです。せっかく日本人の講師ですので、日本語での質問をいくつかしたほうが、元が取れる気がします。

料金コース

最後に、料金プランです。料金はポイント制で、講師のランクに応じてそれぞれ30p,60p,90pです。30p辺りの単価は、週6のコースでおおよそ360円ですので、一番高い講師のレッスンを受講すると、30分で1080円、ネイティブ講師並の費用がかかることとなります。

EIGODO料金体系

EIGODO料金体系

ただ、この単価は他の日本人系オンライン英会話と比べると比較的安い料金設定になっています。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ