ENCの無料体験レッスンレビュー

sport-927760_1920

全体的にバランスの取れたオンライン英会話、ENCの総合レビューです。講師の質や、システムサポート的な面などで安定したクオリティを持っており、英語の勉強方針に関しても好感が持てます。

スポンサーリンク

ENCの無料体験レッスンレビュー

まずは、以下のフォーマットから無料体験レッスンの申し込みを行います。無料体験レッスンは25分×2回行うことが可能ですが、1回ごとにこの申し込みフォームから申し込みを行う必要があります。申し込みを行うと、運営の方から連絡が来て、レッスン予約完了となります。

ENC申し込み

ENC申し込み

ちなみに、この無料体験のレッスン時に希望コースを選択することが可能ですが、フリートークの場合レギュラー講師が対応するのに対して、IELTSなど試験対策用ではプレミアム講師が対応する流れとなります。両方受けてみて、どちらも講師のレベルとしては高いと思いましたが、やはり若干プレミアム講師の方がレベルが高いように思えます。無料体験レッスンは二回受講できますので、それぞれ別々のタイプの講師を申し込んだ方が、後々どのコースを予約するかの参考になります。

一人目の講師(レギュラー講師)

まず初めは日常英会話のレッスンを選択したので、講師は安い方のレギュラー講師が担当になりましたが、発音も悪くありませんし、とてもいい感じの女性でした。初めに、自己紹介と、英語を勉強する理由、そして目指しているスコアなどを説明します。

すると、彼女がこちらの大体のレベルを見極め、次いで、この会社のコンセプトについて説明します。『ENCでは、基本的にはテキストを用いたレッスンを行って、知らない単語や表現を増やしていくようにします。勿論、レッスンだけでは覚えられませんので、ちゃんと復習してね』とのことでした。彼女の言っていることは、私が普段からオンライン英会話に関して感じていることと同じで、いくらアウトプットばかり勉強しても、インプットを行わないと英語は上達しない、というものです。

この点で、少なくともこの講師はオンライン英会話の使い勝手を理解していると思います。ついで、簡単なフリートークが3~4分続き(新年の過ごし方など)、それからレッスンに入っていきます。

レッスンは、教材を用いてのレッスンで、私の際はインターネット上の教材を使いましたが、会社独自で用意している教材もあるようです。内容としては、多少アカデミックなカフェインの効能に関する記事(2パラグラフほど)を読みあげながら、意味の分からない部分を聞かれたり、発音の間違っている部分を聞かれたり、と言った形です。簡単に要約すると、カフェインは健康によく、一日にコーヒーを多く飲む人は、重篤な病気にかかりにくくなるが、その詳しい原因は見つかっていない、みたいな感じの記事だったと思います。

レッスンは、1パラグラフごとに進みました。最初のパラグラフを読み終わった時点で、わからない単語の解説などが入り、次いでそのパラグラフに関する質問などを挟んで後、次のパラグラフに移る、という形です。当然、質問と回答は英語で行われ、私の読んだ記事ですと、例えば『最初のパラグラフを要約してください』みたいな質問がされました。

その過程で、発音の指摘も行われました。私の時は、premature /PRI ma cher/という発音を間違えたので、すぐに発音付きで訂正されたものが送られてきました。発音以外にも、表現のミスなども割と頻繁に手直しが入る、熱心な先生でした。

これで、レギュラー講師(この上にプレミアム講師がいる)とのことでしたので、レギュラー講師の料金(30分辺り280円程度)を考えれば、十分すぎる内容だったかと思います。良い点としては、レッスンの主旨を理解し、こちらのレベルを的確に見極められるところ、レッスン中に間違った箇所をしっかり正しい表現や発音に直してくれるところ、です。

二人目の講師

前回はレギュラー講師のレッスンを申し込みましたので、今回はIELTS対策のレッスンを受講し、プレミアム講師を体験してみることにしました。最初は、普段通りの自己紹介からスタートしますが、この時点で、確かに発音もかなりいいなと感じました。

続いて、本題のIELTSの試験対策に入ります。ReadingとSpeakingと対策できるけど、どちらの対策がしたい?と聞かれました。Readingをオンライン英会話で練習することができるの?と尋ねてみると、どうやら、アーティクルを読み上げて、発音を正したり、文中の分からない箇所を聞いたりするレッスンのようでしたので、だったらスピーキングのほうがもう少し実用的かと思い、スピーキングのレッスンを受講してみることにしました。

IELTS対策と銘打ってあるので、他のオンライン英会話と同じように、実践演習のようなものをするのかな、と思いきや、使う教材はまた別のモノでした。そこには課題が英語で書かれており、要するに『あなたは大学に入学しました。大学のスタッフに、どのような種類のクラブがあるのか聞き込みをしましょう』といったようなものです。

types of clubs, Meeting times, Benefits, costsの四つの点から聞き込みを行ってください、という形で、まずは大学役を務める講師にインタビューを行い、その内容をメモしていき、最後に質問に答える、というどちらかというとTOEFLに近い内容のレッスンです。これは、リスニングの勉強にもなりますし、直接的なIELTSの勉強ではありませんが、そこまで悪い方法ではないかと思います。

私が回答する間にも、講師がいくつか間違った箇所をしてきしてくれたり、と、割とためになる授業で、最後にまとめてここを直した方がいいよ、という総評が行われます。ただ、あくまで彼らはIELTSのプロというわけではありませんので、どうしてもオーストラリアンクラブなどと比べると見劣りしますが、それは仕方がありません。

ちなみに、プレミアムコースの30分辺りの単価は520円でレギュラーコースよりも高いですが、講師のレベルを考えると適正価格だとは思います。

総評

プレミアム講師の方が確かにレベルは高かった気がしますが、レギュラー講師も30分辺りの価格280円という値段の割にはかなり質が良いです。最終的には英語を勉強する目的にもよりますが、独自に勉強方法を確立させており、フリートークでアウトプットの場所だけを求める、というのであれば、レギュラー講師の方でも十分だとは思います。

教材の質はまあまあ、講師の質は平均以上、というのが率直な私の感想です。少なくとも、値段以上の価値はあるかとは思います。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ