外務省も変わった!就職活動で求められる英語力、日本と海外の違い

background-611238_1920

英語のスコアと就職に関してまとめていきたいと思います。日本の会社ではTOEICが偏重されるきらいにありますが、日本を含め、世界の就職活動におけるIELTSやTOEFLの扱いはどのようなものなのでしょうか。

スポンサーリンク

企業で求められる英語力

日本の企業での就職を考える場合、多くのケースで大体『TOEIC600点』が目安だといわれています。TOEIC600点あれば、普通の大学生としてはまあまあいいんじゃないの、的な目では見られるようになりますが、この時点であまり人事評価に影響はない程度だと思います(逆に、スコアが600点以下なら履歴書に書かない方がいいとまで言われています)。

当然、入社時に700点、800点あればそれだけ英語で優遇される会社もありますし、特に商社や、JETRO,JICAのような海外との折衝を生業にしている会社では、TOEIC700,800点はむしろあって当たり前程度の点数のようです。

ただし、各企業の海外赴任要件を見ていると、TOEIC730あるいは800点付近に設定している企業が多いです。もちろん、点数が多いにこしたことはないですが、就職活動でアドバンテージを取るためには、普通の大企業であればTOEIC800点前後あれば充分であるとも考えられます。

さて、多くの企業の指標が『TOEIC』ですが、果たしてこの風潮、グローバル規模でのことなのでしょうか?続いて、世界に目を向けて求められる英語力について見ていきましょう。

世界的に見た、就職時の英語の点数

まず、欧州ですが、就職時に英語のスコアは必ずと言っていいほど求められます。ただし、TOEIC○○点以上、という指標ではなく、例えばC1以上、のように、欧州基準(CEFR)での判断になり、TOEFLやIELTSベースで評価が下さるケースが多いです。

たまにTOEICでのスコアを認めているところもありますが、認めていないところのほうが多いと思います。フランスなどでは、TOEICのスコアを認めている求人を見かけたことがありますが、ドイツでは見かけません。

そして、就職時に求められる英語力は、最低でもB2(あまり有名でない会社など)、本来であればC1レベルの英語力が求められる形です。B2というのは、IELTSの点数でいうと5.5~6.5で、C1だとそれ以上になります。

TOEFLですと87~109点までのレンジがB2で、それ以上がC1と言われています。そもそも、TOEICではリーディングとリスニングしか図ることができないので、日本の企業のTOEIC偏重が逆におかしいようにも思い、本来であればスピーキングとライティングといったような実践的な英語力を要する、IELTSやTOEFLの点数が注目されてもおかしくないはずです。

ちなみに、直近でヤフーニュースを見ていたら以下のようなニュースを発見しましたので、紹介します。

外務省は2016年度から、入省する職員に国際的な英語力テストTOEFLで100点以上(またはIELTSで7・0以上)の獲得を目標に課すことを決めた。入省時から即戦力として高い英語力を身に付け、外交現場での交渉に役立てるのが狙いだ。16年4月以降に入省予定の内定者を対象とし、入省までにテスト結果の提出を求める。今春入省予定の総合職の新卒内定者約30人のうち、内定時の達成者は3割程度で、入省時までの達成を努力目標とする。

先ほどのIELTS,TOEFLのレベルに換算すると、大体B2~C1レベルの英語力が求められるようになる、ということです。というかむしろ今まで求められなかったのか、とも感じますが。

さて、このIELTS6.0またはTOEFL100点ですが、果たしてどれくらい難しいのかというと、TOEIC900点私がオンライン英会話を駆使して1ヵ月勉強してとったTOEFLのスコアが80点代中盤、IELTSが6.5ですので、少なくともTOEIC900点以上に余裕で難しいです。

海外に滞在している経験からすると、確かに、TOEFL100点IELTS7.0点というのは、海外と折衝を行うにあたって最低限必要な英語力かとは思います。私も、以前の記事で書きましたが、IELTS6.5点で海外の大学院に入学して、多少(IELTS0.5点分くらい)苦労した記憶がありますので、留学しかり、就職しかり、このくらいの点数は用意しておきたいところです。

今回は外務省が口火を切りましたが、本来であればライティングとスピーキングが求められる、TOEFLやIELTSのほうにもっと重きを置いてもいいわけで、今後、企業の採用傾向が、TOEICからTOEFL,IELTSに変わっていく可能性もゼロではありません。

TOEFLやIELTSを勉強しておいて、英語で思考できるようになれば、後からTOEICを受験するととても楽に感じると思いますので、まだ学生の方で、時間に割と余裕のある方は、将来に向けてTOEFLやIELTSを視野に英語の学習を目指していきましょう。

インプット型からアウトプット型への移行

今まで、日本は海外と比べてかなり閉鎖的な市場でした。英語を使うにしても、例えば海外のannualレポートを見たり、メールのやり取りをするなど、海外畑以外の社員には、そこまで実践的な英語力は求められることはありませんでした。

ただ、日本の経済、生産力は現在まぎれもなく落ち目です。これは、アベノミクスが悪いとか、そういった近視眼的な問題ではなく、日本の構造上、人口構成上の問題ですので、どうしようもないといえばどうしようもありません。今まで海外のブローカーたちが一生懸命日本語を覚えて日本とビジネスをしてきましたが、今度は我々が英語を覚えて、海外で商品を売ったり、外国の労働者を受け入れていかざるを得ません。ドイツも、出生率は低いですが、このような手法を突き進めて、難民などを受け入れ、未来の労働者人口を確保しています(そのやり方が日本にとって最善かどうかはまた別の話ですが)。

日本の市場が大きく変換されていくなかで、この『営業を受ける』『レポートを読む』という受け身の英語から、今後は『商品を売る』『海外と折衝する』という、攻めの英語力が必要とされてきます。自然と、就職時に求められてくる英語力も、リーディングとリスニングのみが求められてきたTOEICから、IELTSやTOEFLに変わっていくことも十分に考えられますし、先ほど引用したように外務省がその先鞭をつけました。

求められる試験が異なるようになれば、そのためのアプローチも必要になってきます。現在、オンライン英会話が、有象無象、雨後の筍のように乱立しているのは、なにもSkypeといった便利なコンテンツが登場したからという理由だけでなく、こうした時世と、日本人の英語需要の広がりを見込んでのことなのだと思います。

ただ、注意していただきたいのが、このブログで何回か書いているように、オンライン英会話を利用するだけでは、英会話力が向上するとも限りませんし、インプットなくしてアウトプット力を高めることはできません。そして残念ながら中には、質の悪いオンライン英会話も多く混ざっています。

よい業者を選別して、よい方法で英語を勉強してこそ、アウトプット力が向上し、現在の日本を取り巻くニーズに適応していくことが可能です。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ