eサラダの総合レビュー

daisies-558501_1920

スマホを利用したTOEIC学習に効果があるオンライン英会話、eサラダの総合レビューです。オンライン英会話レッスンだけでなく、TOEICのための選択問題の予習などが行えるのがウリです。

スポンサーリンク

eサラダの簡易レビュー

Eサラダの特徴としては、オンライン英会話のレッスンを行えることに加えて、月額で500円支払えば、アプリで英語学習のコンテンツが利用できるようになる点です。ちなみに、この会社の方針は全体的にTOEICに目的を定めているようで、それ以外の目的で英語を学習しようと考えている人には、そこまでメリットがないかもしれません。

【概要】

講師   :フィリピン人
講師の場所:オフィス
授業形態 :マンツーマンレッスン
時間   :25分(別途、TOEIC用の学習ツールが利用可能になる)
教材   :TOEIC用教材、ディスカッション教材など
日本語対応:不明
30分の価格:月額6800円、オンライン英会話30分辺りの単価326円程度(25回コース・ビジネスコース)、それ以外にTOEIC対策コースが使える
良い点  :様々なコンテンツが利用可能
悪い点  :講師の質はいまいち、TOEICをオンライン英会話で学ぶメリットが感じられない

【スコア】

講師の質(教えかた):30~80点
講師の質(サービス):30~80点
教材        :60点
使い勝手      :50点
会社のサービス   :50点
総合点       :55点

スコアの採点の方法に関しては、以前の記事を参考にしてください。

このカテゴリでは、各オンライン会社のレビューを行っていきたいと思います。もっとも、レビューは機械的に採点できないものですので、主観に頼らなくてはいけませんが、その中でも最低限の基準は設けて置こうと思います。

TOEIC向きのコンテンツが利用できる

実際に私も利用してみましたが(無料会員としてですが)、TOEICの練習問題などを利用することが可能です。ただ、問題は、果たしてTOEICの問題をオンライン英会話のサイトで解く意味があるのかどうか、というところです。IELTSやTOEFLのスピーキング問題などと違って、TOEICのlistening問題はすでに巷に多く出回っていますし、ことさらオンライン英会話に入会してまでレッスンを受講する意味を、個人的にはあまり感じられません。

eサラダの特徴(メリットとデメリット)

上述の通り、ウリとしてはTOEIC関連の勉強ツールが、入会すれば使いたい放題になるところです。これを参考書でやるのがいいのか、あるいはインターネット上でやるのがいいのか、私としてはなんとも言えません。

スコア詳細

講師の質(教え方)30~80点

→残念ながら、講師の質はいまいちとしか言えません。無料体験レッスンで2人、講師のレッスンを受講してみました。詳細に関しては、後述する「無料体験レッスンの流れ」を参照していただければと思いますが、発音や、指導力の観点から見てもまずいですし、なにせこちらの欲しているものを理解しようとしません。

一人目の講師は、フリートークを行いましたが、終始どもってばかりで、結局何が言いたいのか良く分かりませんでした。ただ、一応『新しい表現を知りたい』というこちらのニーズには答えてくれて、多少の新しい表現は教えてくれました。

二人目の講師は、教材のことが知りたかったのでTOEICのレッスンを申し込みましたが、とにかく発音が汚いわりに早口で、こちらも別の意味で何を言っているのか分かりません。リスニングのレッスンを受けて、8問中全問正解したので、レベル的には多分多少低い教材だったと思いますが、それでもかまわず先に続けてこようとして、結局何も得るものはありませんでした。

講師の質(サービス):30~80点

→あくまで似たような価格設定の競合他社と比較してですが、サービスの質は微妙です。最初の一人は多少どもりながらもこちらのペースに合わせようと会話を作ってくれましたが、二人目はとにかく我が強く、自分のペースを押し付けようとするので、終始不快でした。

教材        :60点

→現在は動画教材がありますが、3月には配信が停止されるようです。レッスン中のメイン教材はTOEICの練習問題ですが、これが実際のTOEICの役に立つようにはあまり思えません。まず、リスニングパートを講師が読み上げて、正しい答えをTOEICの形式同様に答える、というものですが、試験を想定するのであれば、わざわざノンネイティブであるフィリピン人講師がそれを読み上げる意味がありませんし、教材の回答欄のすぐ下にはリスニングのスクリプトがついているので、まったく練習にもなりません。

これであれば、TOEICの参考書を買ってきて、家で一人でやったほうが十分にトレーニングになると思います。

使い勝手      :50点

→普通です。強いてあげれば、講師がオフィス勤務ですので、音声の質は割と良いです。

会社のサービス   :50点

→こちらも普通です。色々とサービスを配信したりしていますので、他社よりは若干サービス精神はよいと思います。トラブル対応に関しては、実際に遭遇していないので評価できません。

総合点       :55点

→まず、構造的に、オンライン英会話でTOEICを勉強する、というコンセプト自体に無理がある気がします。私の場合も、確かにオンライン英会話や海外研修を通じてTOEICの成績が向上したことがありますが、それは、オンライン英会話で講師と一緒にTOEICの練習問題を解いたからではなく、オンライン英会話を通じて単語や表現を頭に定着させたからです。そういった使い方であれば、私の経験上TOEICの点数は向上すると思いますが、上述の通り、講師の読み上げた音声でリスニングの勉強する、ということに対しては、なんのメリットも感じられません。

無料体験レッスンの流れ

25分のレッスンを2回受講することが可能です。また、一部コンテンツに関しては無料会員登録だけでも使用が可能です。一人目の講師は、非常に温和な子でしたが、緊張するとどもる癖があり、発音に関してはお世辞にもいいとは言えませんでした。講師の地力を図りたかったので、フリートークを通じて、こちらの間違ったところは訂正し、新しい表現を積極的に教えてくれ、と最初に申し出ておきました。

一応、その申し出には応じてくれて、フリートークを進める中で、若干のボキャブラリーを教えてくれました。発音の部分を除けば、格安オンライン英会話の講師としては及第点かと思います。

二人目の講師は、とにかく我の強い講師でした。TOEICの教材を選択し『TOEICのどこを重点的に勉強したいの?』と聞かれたので「語彙力を重点的に鍛えて、リスニングにもリーディングにも対応できるようにしたい」といったら、なぜかリスニングのレッスンに移行しました。形式としては、上述の通り、講師が読み上げ、その答えを淡々と答えていく、というもので、実際に効果があるとは思えないようなものでした。

さすがに時間の無駄だと感じたので、最後は、ホームページでもうたっているように、TOEICの表現を用いた会話表現の練習、というレッスンに移ってもらいましたが、今度は、TOEICのリスニングの質問を借りて、生徒がそれにアドリブで答えるという、先ほどとは打って変わって難易度の高いレッスンで、正直、TOEICの演習をしたい人にこれが効果があるのかははなはだ疑問です。

結論

アプリやコンテンツとしてみれば、確かにTOEIC対応はしていますが、そもそも上述したとおり、私がインターネットやオンライン英会話でTOEICの勉強をする、ということに対して懐疑的ですので、そこまでお勧めはしません。ただ、参考書よりもコンピューター上でTOEICの対策を行いたい、という人にとっては、月額500円でコンテンツが利用できるので、そこそこ良いのではないでしょうか。

料金コース

最安値が月額500円で、このコースですと、TOEICのためのアプリに加え、毎月一回分のオンラインレッスンが受講できます。あとは、月額が上がるにつれて、受講できるオンライン英会話の回数が増えていく、という仕組みです。

eサラダ料金表

eサラダ料金表

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ