Internet English Academyの総合レビュー

books-1035087_1920

講師の質、教材の質、サポート体制など総合的に非常に見て非常にお勧めできるオンライン英会話、Internet English Academyの総合レビューです。

スポンサーリンク

Internet English Academyの簡易レビュー

講師の採用はTOEIC950点以上と謳っており、フィリピン人系の中ではかなり講師の質は良い方だと思います。加えて、独自の無料教材もかなり作りこまれており、単なるフリートークでは終わらず、毎回新しい表現を覚えることが可能です。

【概要】

講師   :フィリピン人
講師の場所:不明
授業形態 :マンツーマンレッスン
時間   :45分
教材   :独自無料教材
日本語対応:一部可能
30分の価格:600円+初回登録費用3600円
良い点  :担任制を用いているので長期的に講師に指導を得られる、講師・教材の質がかなり良い
悪い点  :レッスン時間帯が15時~23時までなので早朝レッスンには対応していない、IELTS,TOEFL対応していない

【スコア】

講師の質(教えかた):80~85点
講師の質(サービス):80~90点
教材        :90点
使い勝手      :50点
会社のサービス   :65点
総合点       :82.5点

スコアの採点の方法に関しては、以前の記事を参考にしてください。

このカテゴリでは、各オンライン会社のレビューを行っていきたいと思います。もっとも、レビューは機械的に採点できないものですので、主観に頼らなくてはいけませんが、その中でも最低限の基準は設けて置こうと思います。

講師と教材の質が良く、長期的に安定した英語力の向上が図れる

担任制度を導入しているので、同じ講師に指導してもらえる

フィリピン人系の中の『高品質、高価格』路線の典型的なものです。といっても、30分辺りの価格は、格安でのネイティブ系オンライン英会話の相場の約半分程度ですし、長期的に安定して英語力を身に着けたいのであれば、かなりお勧めできる内容です。特に、教材教育に力を入れており、会社方針としてもフリートークをお勧めしていないところに好感を持てます。

Internet English Academy

日本とフィリピンにそれぞれオフィスを構えており、経営母体は同じく株式会社インターネット・イングリッシュ・アカデミーで、本業もインターネットによるオンライン英会話事業となっています。DMMのように色々な処に枝葉を広げている会社と、レアジョブやこの会社のように、本業に専念している会社とで、どちらが良い会社かとは一概に言えませんが、いろいろ試してみますと、なんとなく後者のほうがオンライン英会話事業に思い入れがあるようで、教材などしっかりしている印象です。

Internet English Academyの特徴(メリットとデメリット)

講師と教材の質が良く、サポート体制も安定しています。講師に関しては、私を担当した講師はIELTSの点数が8.5点だったり、ネイティブとまではいきませんが、それに近い実力を持っているのは確かですし、教材も、リスニングや表現、リーディングセッションなどを交えていて、非常に分かりやすい内容です。

スコア詳細

講師の質(教え方)80~85点

→3回無料体験レッスンを受講し、それぞれ別の講師で受講しましたが、みな英語力は高く、教え方も曖昧でなく非常に聞きやすい雰囲気でした。特に、こちらの表現の変なところは積極的に指摘してくれ、と前もって言っておきましたので、いろいろと表現を訂正してくれました。例えば『maintain my family』といったところ『sustain my family』のほうが自然だよ、と微妙なニュアンスについてもちゃんと直してくれました。

どういった教え方が適しているかは、個人によって考えの違うところがあると思いますが、こちらのレベルを理解し、そのレベルに見合った間違いの指摘や、新しい表現の指摘をしてくれる、という意味で、全体的に講師のレベルは高かった(フィリピン人系のオンライン英会話の中では、my tutorやbizmatesと並んでトップクラス)と思います。

講師の質(サービス):80~90点

→サービス、話し方もよく教育されていると思います。非常に聞き上手な方ばかりでしたし、最初の自己紹介の際には話を広げてくれる方向に持っていき、かと思えばしっかり教材を使ったレッスンを進めることも忘れない、と、ちゃんとスイッチの切り替えができる方でした。

私が感動したのが、レッスン前に『私が文法や発音などで間違えた箇所があったら、あとで復習したいので、チャットボックスに書き込んでくれない?』と尋ねたところ『IEAでは、講師はみんなそうするように指示されているので、大丈夫よ』と返ってきたことです。かなり教育が行き届いているようです。また、レッスン後にはみなメールを送ってくれるなど、マメなところもあります。

教材        :90点

→非常によくできた教材だと思います。一つ、一般的なコースの教材の例を出すと、1.listening、2.vocabulary、3.readingで構成されており、バランスよく学ぶことが可能です(詳細は、次回の『無料体験レッスンレビュー』の記事を参照してください)。教材は画像入りで見やすく、よくある単に文法事項を切り貼りしただけの教材ではありませんので、割と楽しく勉強を続けることが可能です。

listeningも、よくあるどっかで拾ってきたような音声教材を流すだけではなく、ちゃんと講師がきれいな発音で読み上げたspoken Englishを聞きながらのレッスンですので、テンポを速く、遅くしてもらうことが可能です。フィリピン人講師の発音よりも、ネイティブの発音のほうがいい、という方もいるかもしれませんが、そもそも我々が海外で折衝する中で生じる多くの英語での会話は、非ネイティブとの会話によるものですので、発音さえきれいであれば、フィリピン人の英語でlisteningの勉強をしても問題はありません。IELTS8.5点の講師でしたので、発音もそうまずくはないですし。

これ以外にも、日常英会話、初級~上級英会話、トラベル英会話、など豊富な教材が取りそろえられており、教材のレベルはかなり高いものがあります。リーディング、リスニング、そして新しい語彙や表現を復習しながら(次回の講師が前回の講師の行った復習をするので)進めていきますので、定着も早く、かなり良いカリキュラムだと思います。

使い勝手      :50点

→講師の担任制度が無料で使えるのがありがたいです。大抵、別途ポイント加算などの基準を設けているものですが、この会社に関しては、好きなだけ講師を選ぶことができます。講師を選ぶと、その曜日のその時間は、毎回同じ講師とレッスンを行える、という形になります。

ただ、年間を通して休校日がかなり多いです。大体平均すると、月に3回程度は休校日が設けられているような形になりますので、そこに多少の不便さを感じます。また、レッスン時間が15時からと限られているのも不便ポイントです。

会社のサービス   :65点

→レッスン予約をすると、すぐに運営の方からスカイプで挨拶文が送られてきて、そこで授業に関する質問など、気軽にすることが可能です。

総合点       :82.5点

→以前から書いていますが、このブログで総合点をつける際に重視しているのは『英語力を向上させられるか否か』と『コストパフォーマンスが良いかどうか』です。前者の、英語力の向上に関しては、まったく問題ありません。良い講師が良い教材を使ってレッスンをしていますので、あとは自宅で復習を忘れなければ確実に英語力がつきます。

コストパフォーマンスに関してですが、これまた、この講師と教材のレベルにしては、まったく問題の無い価格設定です。ですので、総合的に判断して、私の評価の中では『割とお勧めできる』部類のオンライン英会話に入ります。

メリット

講師の質と教材の質がメリットです。上述したように、オンライン英会話における英語力の向上に関しては、良い指導者と良い教材が必要です(教材に関しては、Weknowのように講師が毎回20個も新しい表現を教えてくれるなら、不要な場合もありますが)。

特に教材に関しては、ありがちな単調な切り貼りの参考書ではなく、講師とともに学んでいくことが前提になって作られているもので、楽しみながら英語力を向上させることが可能です。

デメリット

講師は全体で10人程度と、規模が少し小さいです。また、上述の通り、年間を通じて休校日が多く、レッスン時間もある程度限られてしまっているがデメリットに挙げられます。

結論.

今までの私のレビューを見返してみると、総合点で80点以上をつけているオンライン英会話は全体の20%程度で(90点以上は5%程度)、今回紹介したInternet English Academyもその中の一つに含まれます。理由としては、講師と教材の質が良いので長期的に英語力の向上が見込めて、かつ値段がそこそこお手軽だからです。

また、教材は初心者から上級者まで練習できるように作られていますので、どの層も適したレベルでの学習が可能です。総合的に判断して、かなり質の良い会社だと思います。

料金コース

最後に料金プランです。まず初めに、初回登録料3600円がかかります。あとは、月々のレッスン料ですが、これは他のオンライン英会話会社と違い、どんなにレッスンを行っても45分辺り900円という料金設定はゆるぎないようです。

IEA料金設定

IEA料金設定

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ