IVY-Lの総合・無料体験レッスン

school-1007067_1920

格安でオンライン英会話のレッスンが受講できる、IVY-Lのレッスンレビューです。形態としてはレアジョブやDMMのようなフィリピン人講師を雇った「格安オンライン英会話」の部類に入ります。

スポンサーリンク

IVY-Lの簡易レビュー

いわゆる典型的な格安オンライン英会話の一つで、値段が安い分、講師の力量はバラバラですし、教材もそこまで豊富とは言えません。総合的に英語力を高めたいのであれば、これ単体ではなく、いろいろな勉強方法を組み合わせる方法をお勧めします。

【概要】

講師   :フィリピン人講師
講師の場所:自宅、オフィス
授業形態 :マンツーマンレッスン
時間   :25分
教材   :無料教材あり
日本語対応:一部可能
30分の価格:236円(月30回のコース)
良い点  :格安オンライン英会話の中でも割安な部類、サポート体制がしっかり整っている
悪い点  :講師の英語レベルはまちまち

【スコア】

講師の質(教えかた):30~80点
講師の質(サービス):30~80点
教材        :50点
使い勝手      :60点
会社のサービス   :60点
総合点       :57.5点

スコアの採点の方法に関しては、以前の記事を参考にしてください。

このカテゴリでは、各オンライン会社のレビューを行っていきたいと思います。もっとも、レビューは機械的に採点できないものですので、主観に頼らなくてはいけませんが、その中でも最低限の基準は設けて置こうと思います。

比較的格安な料金設定

格安オンライン英会話の中では整ったサービス体制

特に、自分の勉強時間やTOEICのスコアを管理できる画面が整備されていたり、単語帳が組み込まれているのは評価できます。スタッフの対応も親切で、サービス体制などには問題がありません。一方で、あくまで『数ある格安オンライン英会話』の一つという枠組みから差別化ができていないところもあります。

IVY-L

経営母体は株式会社Grand Lineという会社で、2011年設立のまだ若い会社のようです。会社概要を探しても、あまり情報が出てこず、求人情報などから察するに、今のところはIVY-Lを中心としたオンライン英会話事業が主軸になっているのだと思います。

IVY-Lの特徴(メリットとデメリット)

上述の通り、いわゆる一般的な『格安オンライン英会話』の一つです。講師のレベルはまちまちですし、そこまでひどくはないものの、特別優れている、というわけでもありません。ただ、価格設定的には安い部類に入りますので、特に、スピーキングを中心に勉強していきたい人などにはおすすめできます。

スコア詳細

講師の質(教え方):30~80点

いわゆる『格安オンライン英会話』です。講師の質にはムラがあり、ネイティブのレッスンなどを受講したことがある人などからすると物足りないところがあると思いますが、値段相応の妥当なレベルかと思います。レッスン中に、新しい表現を教えてくれる姿勢はありますし、教え方としてはオンライン英会話全般を見渡しても、及第点と言えます。

ただ、英語が流暢に話せることと、英語の教え方がうまいこととには、あまり関係性がありませんので(前者は必須要件ですが)、いくらペラペラ話す講師でも、文法事項を聞いてみるとボロボロ、ということは多々あります。IVY-Lの場合、講師のプロフィール画面が完結過ぎて、バックグラウンドがつかめませんので、そういう外れを引く可能性が高くなることは否めません。

講師の質(サービス):30~80点

私の担当講師は割と一方的に話すタイプの講師でしたが、まあ、これくらいであればオンライン英会話にはよくいますし、そこまで問題ではありません。また、途中でわからないところがあったらいつでも聞いてね、とか、私の話し方早口じゃない?とか立ち止まってこちらを気にしてはくれていましたので、問題ないかと思います。

教材        :50点

特定の教材はあるようですが、あくまで初心者~中級者限定の教材のようです。この辺、教材を豊富に取り揃えているレアジョブのような格安オンライン英会話とは若干差があると思います。

使い勝手      :60点

朝6時から夜の1時までレッスン受講が可能ですし、オフィス勤務の講師ですと回線の繋がりが良いです。ホームページ画面も整備されていますし、復習機能も用意されていて、使い勝手としては上々です。ただし、上述の通り講師のプロフィール画面が簡易すぎるのはいただけません。

会社のサービス   :60点

こちらの手落ちでトラブルがあったのですが、運営の方がすぐに対応してくれました。日本語でのサポートは平日、土曜祝日問わず18時~24時まで行われているようです。

総合点       :57.5点

復習機能など、使い勝手としては申し分ないのですが、やはり、数ある格安オンライン英会話の中で差別化が図れていない部分があるかと思います。レアジョブのように教材を豊富に取りそろえる、であったり、DMMのように飛びぬけた価格設定を行うであったりと、今後はオンライン英会話間での競争も激化してきますので、そのあたりの個性化・差別化が必要かと思います。
メリット

復習機能と、勉強時間の視覚化は有り難いです。特に、累積の勉強時間を数字で表示するオンライン英会話は多くありますが、グラフなどで表してくれると、より勉強意欲がわきます。以前どこかでもまとめましたが、我々が英語習得するために必要とする学習時間は合計2000時間ですので、イチローが打率ではなく安打数を気にかけるように、学習時間の累積にも気をかけるようにしてみましょう。

また、コストの面でも、格安オンライン英会話の中でも安い部類です(DMMは特例で安すぎますが)。そのため、月に30,60レッスンを行ってもせいぜい1万円程度ですので、がっつり英会話を行いたい人にはお勧めです。

デメリット

格安オンライン英会話ですので、講師の当たり外れがあります。また、いまいち何がウリなのか不鮮明です。特に現状、多くの格安オンライン英会話が乱立している中で、あまり差別化できていないままですと生き残れませんので、今後の生き残っていくためには何か新しいことが求められるはずだと思います。

結論.

こういった『がっつり話す』系のオンライン英会話は、勉強手段を気をつけないとあまり成果を出すことができません(レアジョブもそうですが)。こういったオンライン英会話は『スピーキング・ゴルフの打ちっぱなし』ととらえるのが的確です。バッティングセンターでもいいです。とにかく、数多くのスピーキングを安く手軽にこなせるのが最大の特徴です。

その場合、自らの文法的知識や、語彙などに関しては、どこか別のところで補完する必要があります。新聞ラジオ、参考書など、とにかく別の勉強方法と組み合わせて勉強しないと、少なくともスピーキングだけでは、あまり効率的な勉強とは言えません。

無料体験レッスンの流れ

無料体験レッスンの流れについて簡単に説明します。私の担当講師は割とベテランの方で、生徒の評価も高い先生でした。発音に関しては、フィリピン人講師全体のレベルからすると平均よりもやや高め、といった印象です。

簡単な自己紹介を終えると、続いて何をしたいのかの話に移りました。私はヨーロッパで働くのでビジネス英会話を勉強したいというと、まずは少し会話が飛んで、TOEICの話に移りました。TOEICではスピーキング、ライティングの練習ができないからあまり興味はない、というと、最近はスピーキング、ライティングのTOEICの試験もできたぞ、と食い下がります。ヨーロッパではあまりTOEICはメジャーじゃないから、やはりいらない、というとようやく諦めてくれました。

続いて、ビジネス英会話の説明に入る前に、TOEFLの説明を始めました。私が、以前受けたことがある、というと説明をやめましたので、多少早とちりする癖がある講師のようです。一応、TOEFLスピーキングを受講する際のコツとしてPREPというプロセスを教えてくれました。Point of view, Reason, Example, Point of viewのことで、文中には必ず『理由』と『例』を差し入れましょう、とのことでした。

それが終わり、ようやくビジネス英会話の流れに入ります。とりあえず、ビジネス英会話の詳しい教材などはないので、口頭での演習になりますが、とりあえずアドリブでフォーマルなビジネス上での挨拶の勉強をしました。この辺は、講師の知識も豊富で、しっかりとフォーマルな英語を教えてくれました。

この流れでおおよそ25分です。終始話が多い講師でしたが、フレンドリーでした。

料金コース

最後に、料金プランです。他のオンライン英会話同様、たくさんレッスンを受講すればするほど、安上がりになるシステムです。

IVY-L料金体系

IVY-L料金体系

ただ、流石に一日6時間のプランは現実的ではありませんので、せいぜい30~60回のプランがよいところでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ