Live Linguaの総合レビュー

new-york-city-919028_1920

海外のオンライン英会話、Live Linguaの総合レビューです。統一されたカリキュラムではなく、生徒一人一人にあった授業を大切にするとのことです。また、英語だけではなく、アラビア語やロシア語なども選択することが可能です。

Live Linguaの簡易レビュー

インターネットの普及とともに、我々は、国境を越えた会社や人々とのやり取りが可能になりました。それゆえ、我々はオンライン英会話の恩恵も受けられるわけですが、また同時に、海外の会社のサービスを選ぶ自由も増えたというわけです。

【概要】
講師   :ネイティブ
講師の場所:自宅
授業形態 :マンツーマンレッスン
時間   :60分
教材   :講師が指示
日本語対応:未確認(恐らく無し)
30分の価格:10$~12$程度(1200円~1400円くらい)
良い点  :英語だけではない語学が選べる、生徒一人一人に合わせたレッスン
悪い点  :外国人気質

【スコア】

講師の質(教えかた):80~95点
講師の質(サービス):70~90点
教材        :なし(講師が案内)
使い勝手      :50点
会社のサービス   :40点
総合点       :60点

スコアの採点の方法に関しては、以前の記事を参考にしてください。

このカテゴリでは、各オンライン会社のレビューを行っていきたいと思います。もっとも、レビューは機械的に採点できないものですので、主観に頼らなくてはいけませんが、その中でも最低限の基準は設けて置こうと思います。

生徒一人一人に合わせたカリキュラムを構成してくれる

コースが充実している

講師に確認した所、私を受け持った講師だけでも日本人の生徒が三人いる、とのことでしたので、全体的に見れば日本人の認知度もそこそこあるのでしょう。

Live Lingua

インターネット上のサイトがかなり充実しており、オフィスも世界に2拠点(アメリカとメキシコ)に構えているので、そこそこの規模の会社なのではないでしょうか。英語だけでなく多言語展開もしていますし。

以下、会社紹介の一部を抜粋してみました。

Every language student is unique. They have different goals, backgrounds and motivations. All those language learning softwares, books and audios out there try to put all language students in a standardized box. They promise that their method will work for you and the thousands of others that try it. Here at Live Lingua we know that is not true. That is why, instead of building a fancy software that does not work, we focus on the people. Great teachers, motivated students, and face to face lessons. That is how you learn a language.

『一人として同じ語学生徒はいません。彼らはそれぞれ異なったゴール、バックグラウンド、そして英語を勉強するための動機を持っています。全ての言語勉強用ソフトウェアや、参考書、そしてオーディオ類は生徒たちを画一化した枠に押し込めようとします。こうした勉強方法は、生徒たちの勉強に役立つことを約束しますが、我々Live Linguaは、それが間違いであることを知っています。 なので、その上手く作用しないファンシーなソフトウェアを作る代わりに、我々は『people』に着目しているのです。すなわち、素晴らしい講師、やる気のある生徒、そしてface to faceのレッスン、などにです。これが、言語を学ぶと言うことだと我々は考えています。』

と、いうわけで画一化された教材などが用意されていないようで、代わりに担当の講師が自身にあった素材などを見つけて、それをPDF形式で毎回送ってくれます。

既製品ではなく、オーダーメイドでレッスンを行うようなものでしょうか。これが、Live Linguaの方針だそうです。

Live Linguaの特徴(メリットとデメリット)

前回紹介したLOI Englishのように、海外のサービスですので、日本らしい対応を期待することはできませんが、代わりに、様々な国の生徒に触れていて講師は経験豊富ですし、ノウハウも身についています。

スコア詳細

講師の質(教え方):80~95点

→これは、恐らく講師にもよりますし、あるいは受講する生徒のレベルなどにもよるのかと思います。私の際は、ビジネスで使用するオフィシャルな英語を勉強したいと伝えていたところ、文法的な内容の本のページが送られてきて、これをレッスン前に解いておくように、と言われました。

レッスンの際には、その練習問題の答え合わせ、およびスピーキングの練習をしたので、文法+スピーキングと、とてもバランスの取れたレッスンとなっていました。その講師曰く『印象に残った事柄は忘れにくい』とのことでしたので、授業中にジョークを言ったりと、こちらを楽しませてくれるような努力をしました。

講師の質(サービス):70~90点

→上述の通り、話し方や態度としては問題ないです。ただし、その辺は外国人気質なのか、例えば無言でPDFが送られてきたり、その辺は日本風のホスピタリティを期待していると不快になる場面も出て来るかも知れません。

教材        :なし

→教材はありません。代わりに、講師がその生徒一人一人に見合った適切な教材をネット上で探してきたり、あるいはPDFを送ってくれたりするので、教材無しで延々とフリートークをする、というようなレッスンにはなりえませんので安心しましょう。

使い勝手      :50点

→可もなく不可もなく、です。そもそも全て英語で書かれているので、サイトの使用が面倒な人もいるかもしれません。一応色々な言語を取り扱っている大きな会社のようですので、サイト構成自体はしっかりしている印象ですが。

会社のサービス   :40点

→運営とのやり取りは、最初に無料体験レッスンを申し込んだときに、希望の日時を聞かれるくらいで、あまり接点はありません。ただ、講師と運営とで言っていることが食い違ったり、直前になっていきなり担当の講師から宿題が出されたりと、正直言って、運営面でのサービスはあまり良いとはいえません。

総合点       :60点

→料金はそこまで高くないですし、講師の質も一応よさげです。教材も、一律のものはありませんが、ちゃんと一人一人に合ったものをカスタマイズしてくれますし、オンライン英会話学校としては一応及第点だとは思います。

ただ、海外のサービスゆえにどうしても不安点や、改善してほしい点(サービス面など)も残ります。

メリット

この会社のコンセプトは、生徒一人一人みな同じ教材を押し付けるのではなく、それぞれに適した教材ややり方を提供する、というものですので、その辺は確かに、英語を勉強する目的や英語のレベルを鑑みてくれていると思います。

ただし、このカリキュラムの設定は講師の力量によるところが大きいので、中には外れがある可能性も注意しましょう。

デメリット

前回紹介したLOI Englishと同様、海外の会社ですし、日本にオフィスは構えていません。ですので、万が一良くないこと(顧客情報漏えいや持ち逃げ)などが発生した場合の顧客リスクは、日本の名前の売れている会社よりも大きいと思います。

また、スタッフに日本語は通じませんし、講師とのやり取りも当然すべて英語で、問題があったら自己解決を迫られます。この辺は、海外の企業なのでやむをえないところでしょう。

また、これも講師によるかもしれませんが、私の担当の講師はレッスンのあとも『いつ加入するんだ』とか『いつ決めるんだ』とかメールを送って来て少し面倒でした。

結論.

前回同様、海外の会社でやり取りも全て英語ですので、初めから英語にそこそこ自信のある人向けかと思います。授業の質やコンセプト自体は全く問題ありませんので、とりあえず気になる方がいたら無料体験レッスンを行ってみることをお勧めします。

一応、海外のいくつかの国でも実績がありますし、それなりの価値はあるのかと思います。

料金コース

最後に料金の紹介です。

料金形態は、コースによって分かれています。例えば、長期的に英語力を向上させたい目的で受講する『Standard』コースでは、以下のような形です。

Live Lingua料金体系

Live Lingua料金体系

そのほかにも、TOEFLやIELTS,TOEICコースなど多数用意されており、これらの料金はやや割高で、購入の仕方にもよりますが、大体一時間当たりの単価が30$程度です(日本円で3600円くらい)。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ