Live Liguaの無料体験レッスンレビュー

coffee-shop-1007898_1920

前回に引き続き、海外のオンライン英会話スクール、Live Linguaのレビューを行います。今回は、無料体験の申し込みからレッスンの流れまでをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

Live Linguaの無料体験レッスンまでの流れ

まずは、専用の『無料体験レッスン申請』の画面から、自身のプロフィールなどを送信します。すると、送った時間にもよりますが、割とすぐに以下のような返信がきます。

Thank you for your interest in Skype English lessons with Live Lingua. My name is XXX and I am your personal class coordinator here. I would be happy to arrange a free trial class for you to see if our service is what you are looking for. If you could simply let us know the following, we will take care of all of the rrangements. Please know that we ask for at least a 1 full business day notice to be able to schedule a free trial class.
1) What days are you available for your trial class?
2) What times are you available for your trial class?
Thank you in advance for your response. We look forward to helping you make your dream of speaking fluent English come true. Have a great day.

『このたびはLive Linguaの無料体験レッスンにお申込みいただき、まことにありがとうございます。私の名前はXXと申し、今後、貴方のコーディネーターを務めさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。今回は無料体験レッスンのお日にちを設定するにあたって光栄です。また、このたびのレッスンがご希望に沿えればと思います。下記の簡単な質問にお答えいただければ、その後の手続きを進めさせていただきます。なお、トライアルレッスンの設定には、最低でも1日(ビジネスデイ)かかりますので、その点ご注意ください。
1)何日の無料体験レッスンをご希望でしょうか?
2)何時からのレッスンをご希望でしょうか?
前もってお礼申し上げます。私共は、英語を流暢に話せるようになるという夢を実現させるための手助けを行えることを楽しみにしております。よい一日を。』

念の為、日時を指定する際には『日本時間の』と明記しておく必要があります(本社が海外ですので)。勿論、海外にお住いの場合は、その居住区の時間をもとに返信する必要があります。

すると、続いて以下のような返信が再び手早く返ってきます。

As you requested your free English trial class is now confirmed for Saturday, October 31st, 2015 at 9:00 AM your time. In the next few hours your instructor will be adding you to their Skype account. All you have to do is accept their invitation and everything will be set. If you would like to cancel or reschedule a trial class that is no problem at all. Please just let us know at least 24 hours in advance if possible so that your teachers are not left waiting for the class. I hope you find the free trial class to your liking. If there is anything else I can assist you with, please don’t hesitate to email me.

『ご要望通り、10月31日、朝9時からのトライアルレッスンをご予約いたしました。数時間以内に、担当講師の方からスカイプで貴方のIDを登録いたしますので、その後、講師からのスカイプIDをご登録・設定していただけば準備完了です。キャンセル、またはリスケジュールも全く問題ありません。その場合、レッスンの24時間前までにご連絡いただければ幸いです。今回のトライアルレッスンが、貴方のご希望に沿うものであうことを心より期待いたします。他にも、なにかご希望がございましたら、遠慮なくメールにてお申しつけくださいませ。』

これで、スタッフとのやり取りは終了で、続いて、担当の講師とのやり取りに移行します。恐らく、講師とのやり取りは人によると思いますが、私の時は、課題がファイルで送られてきて、これをレッスン前日までにやって返信せよ、とのことでした。

課題の内容は、文法的な問題で(割と難しい)、量も多く、熱心な講師である印象を受けました。

無料体験レッスン当日の内容

続いて、無料体験レッスン当日の内容についてです。Live Linguaのレッスンは60分で、私のレッスン内容は主に「文法パート」および『実践パート』に分かれていました。

文法パートに関しては、先日行った課題の答え合わせのようなところから開始します。レッスンの前日にすでに課題は提出していましたので、実際のところは間違っていたところを講師が指摘し、それに対する説明を受けるような形でした。

テキストを使っていたので、ここには引用することができませんが、例えばif節の中にwillは使えるのか、といったような高校時代に習った英語の復習ですが、正直こうした初歩的な英語文法は忘れがちです。

ちなみに、文法というのはネイティブスピーカーでも間違えるパターンが多く、例えば、英語以上に文法のやっかいなドイツ語に関しても、外国人でドイツ語を勉強した人の方が、ネイティブでドイツ語が汚い人よりも文法を詳しくしっていることがあるそうです。

60分のうち、最初の30分を文法セクションに費やし、続く30分では主に実戦形式の演習をおこないました。私の目標は欧州で就職するためのビジネス英会話でしたので、その旨を伝えると、即座にそういったテキストを用意してくれました。

残りの30分は、ロールプレイングのような形でビジネスシチュエーションに合わせて英文を読み進めたり、アドリブを聞かせていく形です。これは、私がビジネス英会話を望んでいたためで、実際のところ、個人によって融通を聞かせた授業をおこなってくれるはずです。

授業はそれで終了です。授業自体はおおむね悪くなかったのですが、授業後、いつまでに入会を決めるんだ、とか、メールで催促をされたので、そこが少しマイナスポイントです。

総評

前回紹介したLOI English同様、海外系のオンライン英会話です。その分、会社の気質が海外気質なところもあり、時間の配分が割とルーズであったり、講師によってクオリティに差があったりします。

個人的には、日系のオンライン英会話と講師のクオリティに違いはないと思いますが、個人的な好き嫌いはあると思いますので、一度無料体験レッスンをしてみることをお勧めします。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ