モーンパルの総合レビュー

glasses-472027_1920

ビジネス特化型のフィリピン人系オンライン英会話、モンパールの総合レビューです。質の高い講師並びに教材が売りで、値段も他のビジネス系オンライン英会話と比べるとそこまで高くありません。

スポンサーリンク

モンパールの簡易レビュー

ビジネスコース(自動車、エネルギー、ITなどコース多様)のほか、ミーティングコース、プレゼン、電話対応コースなど全体的に英語でのビジネスシーンを想定したカリキュラムになっており、講師の質も高いので、長期的にビジネス英語・および総合的な英語力の底上げが狙えます。

【概要】

講師   :フィリピン人講師
講師の場所:不明
授業形態 :マンツーマンレッスン
時間   :25分
教材   :有料教材
日本語対応:不明
30分の価格:1200円程度(例:ビジネスコース)+教材費(3000円程度)+入会費(5000円だが、キャンペーン期間中は無料扱い)
良い点  :ビジネス英語に特化したつくり
悪い点  :講師が少し不愛想

【スコア】

講師の質(教えかた):80~90点
講師の質(サービス):75~85点
教材        :有料教材
使い勝手      :50点
会社のサービス   :55点
総合点       :77.5点

スコアの採点の方法に関しては、以前の記事を参考にしてください。

このカテゴリでは、各オンライン会社のレビューを行っていきたいと思います。もっとも、レビューは機械的に採点できないものですので、主観に頼らなくてはいけませんが、その中でも最低限の基準は設けて置こうと思います。

講師は発音から文法までみっちり生徒を指導

ビジネス英語に特化したつくり

実際に無料体験レッスンを受講してみましたが、教材も講師の質も非常に良いです。特に講師は、こちらの苦手なところを正確に直してくれようとしてくれますし、中級、上級であっても学ぶところがたくさんあります。カリキュラムも多岐に及んでおり、特にビジネスシーンでは重宝することが多いかと思います。

モンパールの特徴(メリットとデメリット)

なんといっても、ビジネス特化型のカリキュラムと、質の高い講師が売りだと思います。その割には、30分辺りの単価は他のビジネス系オンライン英会話会社と比較しても安い方ですし(ただし、講師はフィリピン人です)、コストパフォーマンスは高めです。

スコア詳細

講師の質(教え方)80~90点

→とても良いです。発音や、ビジネスシーンでの表現、語彙は勿論、こちらの苦手な分野を指導していこうという積極的な姿勢が見えます。私の場合、たまにイギリス人と話していて『は?』みたいな顔をされることがあるので、発音を矯正したいと思っているのですが、多くのオンライン英会話で『そのレベルで十分だよ!』と言われます。

一方、今回無料体験レッスンを受講したモンパールでは、かなりぼろくそに言われました。日本人が引っ掛かりやすい『says』や『again』のような発音に加え、物凄い簡単なはずの『to』とかまで指摘されて、微妙に自信を無くしましたが、逆にいえば、IETLSで6.5もっていて、欧州の大学院で毎日英語を使う生活をしていたとしても、プロの目からみたらそれだけまだまだ改善の余地があるということです。

新しい語彙や表現を教える姿勢も非常にいいですし、単なる指導力に限れば、フィリピン人講師のみならず、ネイティブを含めたとしても十分に渡り合っていけるレベルかと思います(もちろん、発音はフィリピン訛りですが)。

講師の質(サービス):75~85点

→まず、講師が授業開始に3分ほど遅れてきましたが、お詫びの一言もありませんでした(代わりに、終了時間が延長されましたので、トータルでは25分以上のレッスンを受講しましたが)。さらに、授業は終始不愛想で、淡々とこちらのまずいところを指摘されていきました。もちろん、全ての講師のレッスンを受けたわけではないので、全体的なことはいえませんが、傾向としてそのような講師が多い可能性は否めません。

教材        :有料教材

→入会後は、3000円程度の有料教材を購入する必要があります。無料体験レッスンでは、サンプル用の教材を使わせてもらえますが、質はそこまで悪いものではありませんでした(3000円の価値があるかは分かりませんが)。一応、ロールプレイや、ディスカッションを行えるような仕組みになっており、復習を合わせて行えば、長期的に英語力が身につくような仕組みになっています。

使い勝手      :50点

→6時から25時までレッスンが受講でき、かつ年中無休なのはかなり良いのですが、レッスンの予約・キャンセルが前日の19時までとなっており、これはかなり使い勝手が悪いです。勿論、先生の都合もあるので、その辺はしょうがないとは思いますが。

会社のサービス   :55点

→トラブル対応などには遭遇しませんでしたので、詳しいことは分かりませんが、インターネットを見る限りでは、顧客対応はちゃんとしていそうです。

総合点       :77.5点

→まず、長期的にみて、英語力が向上するかどうか、という視点でいくと、間違いなく向上します。というのも、良い講師の下で、良い教材を使えば、予習復習をなまけなければ必ず語学は伸びるからです。

次に、コストパフォーマンスの面で見ていきましょう。1回あたりの単価はオーソドックスなコースで25分1000円ですので、30分辺りの単価に換算すると1200円ということになります。これは、フィリピン人系のオンライン英会話としては高いですが(例:似たようなコンセプトのBBTオンライン英会話の価格帯が1500~2000円。Bizmatesの場合は500円程度)、ネイティブ系を含めたビジネス系と比較すると、安い部類に属します。もちろん、講師はフィリピン人なので一概にネイティブ系とは比較できませんが、発音矯正、新しい語彙や表現の指導もしっかり行ってくれますので、そこまで劇的な差はないはずです。

無料体験レッスンの流れ

無料体験レッスンは、まず申し込みを申請し、運営からの返信メールを待ち、空いているスケジュールの調整をおこなって、ようやく講師と日時が決まる形になります(できれば、2~3日余裕を持つとよいでしょう)。その後、レッスンで使う資料が送られてきます。予習は義務ではないですが、読んでおくとレッスンがスムーズになります。

レッスン当日の流れとしては、簡単な自己紹介から始まり、次いでビジネスにちなんだ資料を読んでいくところから始まります。内容としても語彙としても全く難しくない内容で、ビジネスでの初対面でどのようにあいさつしますか、といった内容のテキストでした。ただ、これを読み上げる際に、講師からいろいろと指摘が入ります。

例えば私の場合「use」という単語の読みに対してまず指摘が入りました。勿論、英語を習いたての中学生でも知っているような単語ですが、名詞と動詞で読みが違うのは、中々知られていません(私も、指摘されて久しぶりに思い出しました)。あとは『for』と『four』の違いなど、かなり基礎的な指導を受けました。というわけで、内容的なことは最初の17~8分はほとんど触れさせてもらえない形です。

次いで、講師からの質問で『初対面でのあいさつの際に、一番気を付けなくてはいけないことは何?』と聞かれたので「それは、外人とのコミュニケーションの場合を想定しているの?」と確認すると『英語であいさつしてるんだから、外国人に決まってるでしょ』と冷たくあしらわれました。

というわけで、最後の6~7分はディスカッションや、意見を述べるパートに移りましたが、ここでも発音や細かい文法などに指摘が入ります。指摘事項はすべてSkypeに書き込んでくれるので、あとから見直すと非常に分かりやすいのです。

結論.
重箱の隅をつつくようにこれでもか、と指摘してくれますし、愛想も悪いですが、確かに言っていることは正しいですし、長期的に見れば英語力が向上するようなカリキュラムが組まれていると思います。ビジネス英語をうたってはいますが、上述のようにかなり基礎的な部分を重視しますので、初心者でも上級者でも学ぶところはあるかと思います。

料金コース

最後に、料金プランになります。基本的には、1回あたりのレッスン単価がちょうど1000円で、それに教材費がくっついてくると考えておけばよいでしょう。

モーンパルの料金体系

モーンパルの料金体系

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ