オンライン英会話で効果をあげるためにはインプットとアウトプットのバランスを

grand-canyon-1083745_1920

英語に限らず、どんな言語でも習得する際には「インプット」と「アウトプット」の両方バランスよく勉強することが大切です。今回は、どういったオンライン英会話でインプットとアウトプットが勉強できるのか、どういったコンテンツでそれらを補完しなくてはいけないのかをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

インプットとアウトプット

中高大と英語の勉強をおこなっていたにも関わらず、一向に英語が話せるようにならないのは、決して頭が悪いとか才能がないとかそういった問題ではなく、ひとえに、日本の環境では英語を話したり書いたりすることが難しく、そのためいつまでたってもインプットした成果を生かせずにいるだけです。

逆に、外国語漬けの生活を送っていたとしても、幼少期ならともかく、成人してからそのようにアウトプットだけの生活をしていても、新しい表現や語彙力が身についていかず、いつまでたっても貧弱な表現力でしか物事を語ることができません。

というわけで、インプットとアウトプットをバランスよく行っていくことが外国語の学習ではキーポイントとなるのですが、アウトプットというのは相手がいてようやく成り立つものですので、日本の閉鎖的な環境ではパートナーを見つけることが難しいです。そのために、安価にアウトプットの練習を行えるオンライン英会話が貴重な存在になってくるわけです。

インプットを学ぶために

バランスよく学習を進めることが重要だと書きましたので、先にインプットの重要性についてまとめていきます。インプットとは、語彙、イディオム、表現力、文法などの要素のことで、参考書、洋書、英字新聞、ラジオ、映画などを通じて習熟させることが可能です。

ただ、その中にも段階がありますので、最初から英語の映画を字幕なしで理解することは不可能に近いです。まずは低い段階から徐々にステップアップしていく形で進めていきましょう。

理想的にはインプット→アウトプット→さらに高いレベルのインプット→さらに高いレベルのアウトプット・・といったような形です。ですので、自分の身の丈に応じたインプットコンテンツを探すことがまずは目下の課題になってきます。

個人的には、ラジオやテレビを通じた学習は、TOEICで800点程度の実力がないと難しいです。よく、非ネイティブの外国人が「テレビをみながら英語をマスターしたよ!」といっていますが、あれは日本人は真似しないほうがいいと思います。何百回テレビをみたとて、理解できないイディオムは理解できません。少なくとも、参考書などを通じて「あ、どこかでこのイディオム聞いたことあるぞ」レベルに持っていかないことには、理解することは不可能です。

例えば「It is raining cats and dogs」で「ひどい土砂降り」という意味ですが、初見では絶対にわかりません。少なくとも日本の慣用的な言い回しとは程遠いので、辞書を見ないとわからないはずです。

こうしたものは、いきなりテレビやラジオから入るのではなく、リーディングなどを通じて語彙を増やしておくほうがわかりやすいです。反面、100パーセント何を言っているのかわからなくても、8割くらい意味がわかればテレビ番組もラジオもなんとか楽しめますので、最低でもそのあたりのレベルまでは語彙や表現力を地道につけていく必要があります。

アウトプットを学ぶために

さて、肝心のアウトプットです。このアウトプットをおこなう時間と仕組みは、日本の教育シーンでは圧倒的に不足しています。カリキュラム云々よりも、中学校、高校で英語を教える教師のレベルが高くないので(もちろん、中には優秀な人もいますが)、必然的に彼らもアウトプットを正確に教えることができないわけです。

というわけで、ここでオンライン英会話のように、ネイティブなりフィリピン人なりと英語でコミュニケーションをはかれるツールが有効に活用できてきます。

これらは、言い換えれば「インプットの段階で引き出しにしまったものを、うまく引き出すやり方」を学ぶためのものです。いくらたくさん語彙、表現を覚えたとしても、それらを使ってみないことには使い方がわかりませんし、そうすると結局本を読んで自転車の乗り方を勉強するようなものです。やってみないことにはわからないこともあります。

また、オンライン英会話の中には、インプットとアウトプットをまとめて勉強できるようなコンテンツもあります。レアジョブやDMMが代表的ないわゆる「格安オンライン英会話」では、あくまでメインはアウトプットで、教材を用いたインプットの練習は申し訳程度に添えられています。

これが、ネイティブ系の高級路線や、ベストティーチャー、ELTOのようにフィリピン人講師ながらも教材に力をいれているような会社では、インプットも学ぶことが可能です。

ELTO

ELTO

ベルリッツやイーオンのようにさらに高級なオンライン会社ですと、インプットもアウトプットもかなり高い水準で学習することができますが、その代わり値段のほうも高くつきます。

バランスのよい勉強方法を考える

私のお勧めするやり方としては、30分アウトプットをおこなったら、30分インプットをおこなうという方法です。社会人にもなると英語の勉強に費やせるような時間はそんなに多くありませんが、最低でも合計で1時間は毎日確保できると、英語の上達力が異なってきます。

特に、インプットを通じて学んだことを、アウトプットのフェーズで生かすことで、脳に知識が定着しやすく、その後も学んだことを忘れずにすみます。これは、英語の勉強だけでなく、どういった種類の勉強でも、学んだことを人に教える、人に伝える、というプロセスでより定着しやすくできますので、覚えておいて損はない勉強方法です

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ