QQEnglishの講師・講師選択画面レビュー

woman-591576_1920

前回のレビューに引き続き、QQEnglishの講師選択画面、および講師レビューに移っていきたいと思います。一般的なオンライン英会話会社ですが、総合的に全ての点で良質なのが特徴的です。

スポンサーリンク

QQEnglishの講師選択画面

QQEnglishの講師陣はポイント制になっており、講師歴の長い者や評価の高い講師になればなるほど消費ポイントが大きいです。最大で100P、最小で25Pで、月会員になると支給されるポイントは400P(3950円)ですので、4~16回のレッスンが受講できる形になります。

講師選択画面に関しては、このように、初心者・上級者、TOEICやビジネス英語などの項目によって絞り込むことが可能です。

QQEnglish講師選択画面

QQEnglish講師選択画面

QQEnglishでは、指名予約制度を採用しています。指名予約制度とは、mytutorの担任制のように、一度講師を選択しておけば、毎週その時間のレッスンが自動的に登録予約されるようになるシステムです。ただし、その分ポイントを消費します。

指名予約制度

指名予約制度

また、講師ごとにどのカリキュラムに対応しているかが違いますので、あらかじめ確認しておく必要があります。

講師を選択したら、最後にレッスンで使う『カリキュラム』の選択を行いますが、このカリキュラムは必ずしもこの教材を使わなくてはいけない、というわけではなく、授業中の雰囲気に応じて他の教材を使うことも可能です。

講師レビュー(1人目の講師)

QQEnglishでは、最初の一人目の講師は勝手に選抜されてきます(恐らく、無料体験レッスン用の講師なのでしょうか)。レッスンを行う前に、日本人による動作の確認などが行われ(煩わしい場合は端折ることが可能)、その後講師からの連絡が来ます。

無料体験レッスン用の講師だけあって、元気の良いはきはきとした青年でしたが、少しオーバーリアクション気味で、人によっては嫌がる人もいるかもしれない印象を受けました。初回のレッスンですので、会社の用意した初回用テキストを使用します。

QQEnglishレッスン教材

QQEnglishレッスン教材

ご覧のように写真が4つとテキストが用意されており、この写真やテキストに沿って会話をしていくといった形です。この場所はどこでしょう?とか(A:Effel Tower, B:the Great Wall of China, C:the Statue of Liberty, D:Mt. Fuji)この手紙はどこから書いているでしょう?といった内容です。

また、旅行繋がりで、今までに旅行した所とか、日本でおすすめの旅行スポットなども順次聞かれました。そういった内容をトークするのが今回のメインのようで、基本的にこちらが1つ回答すると2つくらい質問が返って来るような形です。

発音もそこまで悪くないですし、進め方もスムーズなのですが、微妙に馴れ馴れしく、ちょいちょい不快ではありました。基本的には、写真を題材にしたフリートーク、といった形で、今回の会話でレベルを推し量るのが目的のようです。

実際に、この講師の方がフィードバックをくれることはなく、授業後に再び日本人スタッフから連絡があるのですが、その人からフィードバックを貰い、あとはいくつかの質問に答えてもらいました。

Q:講師のポイントが異なっているのはなぜか?
A:人気の講師、勤務歴の長い講師は消費ポイントが多くなっている。

Q:同業他社と比べると、多少値段が高いように見えるが?
A:弊社の講師は正社員採用しており、オフィス勤務でその分人件費がかかっている。また、社員教育も定期的におこない、その分の費用も加味されている。

30分単価で比べると、確かにQQEnglishの料金は少し高いようにも見えますが、上述の通り、あの人数を正社員採用してオフィス勤務させるのは中々難しいかと思いますので、それなりに値段に見合った内容になっているのではないかと思います。

講師レビュー(二人目の講師)

無料体験レッスンは二回できるのですが、二回目はポイントではなくチケット制ということで、折角ですので一番消費ポイントの高い100Pの講師を予約してみることにしました。また、カリキュラムはビジネス英会話で設定しました。

さて、びっくりしたことにこの講師ですが、私が今までレッスンを受けたフィリピン人のうちで1~2を争う発音の良さでした。というか、明らかに発音の質がネイティブに近かったので、もしかするとハーフか何かで、親がネイティブなのかも知れません。

さて、レッスンの中身に関してですが、私はビジネス英会話を予約していましたが、その中でこちらのレベルに合っていそうなカリキュラムをおすすめしてくれました。こちらの目標と現状のレベルから、今後のプランを簡単にではありますが立ててくれました。

カリキュラムは、ビジネス英会話ということで、主にビジネスシチュエーションに沿って進められます。例えば、自己紹介の挨拶や、空港でゲストを迎えに行く時の例などを、こちらの答えも探りながら、進めていく形です。

教材の質に関してですが、これはかなり良いモノだと思います。単語、文法、表現と、英語のスピーキングで必要なものがある程度網羅されていますし、無料でダウンロードすることが可能です。

随分熱心な講師の方だったようで、25分を過ぎてもレッスンが継続し、30分越えたあたりでようやくおしまいとなりました。さすがに、100Pにたがわない優秀な講師の方でしたが、個人的な印象としては、割と話も早目で、上級者向けだったと思います。

総評

さて、二人分レッスンを受けてみた結論ですが、総合的な評価としては悪くありません。教材、講師の質、使い勝手(音質などの環境含め)と、どれをとっても平均以上で、値段は少し高めですが、それに見合った内容になっています。

最も、今回レッスンを受講したのは100Pの『極めて優秀』な講師の方でしたので、他の50Pや25Pの講師の方の評価によっては、点数も今後上下する可能性があります。100Pの方のレッスンですと、30分辺りの単価が1000円程度となり、これはネイティブ系となんら変わりありませんので、安いとみるか高いとみるかは人によるところです。

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ