私がオンライン英会話をはじめたきっかけ:どれくらい上達するもの?

isle-of-wight-718751_1920

今ブログにて主にオンライン英会話を主とした、オンラインでの英語勉強法に重点をおいて解説していきたいと思います。

その前に、まずは簡単な自己紹介から始めさせていただきます。

スポンサーリンク

自己紹介:私とオンライン英会話の関係

まず、私の経歴ですが、日本の大学を卒業後、日本で数年働き、その後現在ヨーロッパの2年制大学院に留学中です。英語圏ではありませんが、講義の20%は英語で行われており(残りの80%はドイツ語)、日常的に英語を使用する環境に置かれています。

もっとも、日本に居たころからずばぬけて英語ができたわけではありません。今も、ネイティブや帰国子女のようにペラペラ会話できるというわけではありませんが、一応、大学院受験の段階で受験に必要レベルのIELTSのスコア(6.5以上)はとっています。

大学生時代は大体TOEICでいうと500点くらいのスコアだったと思います。就活で600点以上くらいは必要だといわれ、自分で暇をみつけて勉強していましたが、如何せんモチベーションもそこまでありませんでしたし、500点前後で頭打ちしていました。

そんな中、転機になったのが学部時代に行われた海外研修です。その海外での1ヵ月の滞在ということで、これはまじめに英語をしないとまずいな、と思い、せめて日常会話くらいは英語で話せるようにならないと、と思い、その時初めてオンライン英会話にチャレンジしてみました。

2ヵ月ほどオンライン英会話を続け、それから1ヵ月ほど海外研修をしたのですが、帰国してみてTOEICを受験してみると、スコアが200点近く跳ね上がっていることに驚きました。特に、TOEICではスピーキングもライティングも求められませんが、そうした科目を実践することによって、英語力の地力が底上げされ、自ずとスコアの向上に結び付いたのです。

この時から私の英語に対する苦手意識は払拭され、将来的に海外留学したいと考えるようになり、就活でもそうした海外に携われそうなところに入社しました。

卒業後、しばらくはその会社に勤めましたが、そんな意識もあり、学生のときに始めたオンライン英会話はそのまま継続していました。ただし、仕事の片手間でしたし、最初のころは新入社員で余裕が無かったこともあり、土日だけ、ほとんど惰性で続けているようなもので、退化こそしませんでしたが、あまり上達もしませんでした。

さて、何年か勤めたのち、幸運にも海外留学のチャンスを得たため、会社を退職して留学準備を始めることになりました。現地語(ドイツ語)と、そして英語が応募要件だったのですが、この応募要件の英語が、TOEICではなく、TOEFLないしはIELTSという、どちらもスピーキング・ライティングを必要とする試験だったため、再びオンライン英会話で本腰を入れて勉強を始めることになったのです。

ここで、私の英語人生において二度目の転機が訪れます。今まで長々と続けて来て一向に上達しなかった英会話力ですが、IELTSのための英語勉強に力を入れた結果、大学生時代のように再び急激に進化しました。

そんなこんなで大学院に無事合格し、ヨーロッパでの就活を見据え、今も海外からオンライン英会話は続けています。

children-studying-670663_1920

英会話をだらだらと続けるだけでは意味が無い:言語によって世界が広くなる

さて、簡単に自己紹介させていただきましたが、ここでお分かりいただきたいのが、私の二度の転機のように、英語の学習はだらだらとしていても上達せず、効率的、そして適切に行うことで飛躍的に向上する、ということです。

最初の転機の際は、今までTOEICというリーディング・リスニングの勉強ばかりやってきたところに、海外研修のためにオンライン英会話でスピーキングの練習を始めたことで、そのスコアが200点近く向上しました。

2度目の転機の際には、会社時代に数年続けて伸び悩んでいた英会話に、大学院受験のためにIELTSの勉強をはじめ、リーディングやライティングを同時に行ったことで、英会話能力が飛躍的にあがりました。

ともに、英会話+その他の学習(TOEIC,IELTSなど)、によって、英語力が向上しているという共通点があります。

そして私は、この勉強方法は英語だけではなく、他言語にも応用できることに気が付きました。まったく同じやり方でドイツ語も習得しましたし(今は英語よりもこっちのほうが得意です)、ヨーロッパ滞在中に、1年で最も難しい言語と言われるロシア語も会話できるようになりました。

言葉が伝わると、見える世界も広がります。私も英語に関してはまだまだですので偉そうなことは言えませんが、色々な民族、文化、国境を越えたコミュニケーションによって、学べることがたくさんありますし、人生の選択肢も格段に増えます。

私は上述の通り、帰国子女でもありませんし、ハーフでもありませんし、生まれながらに英語ができたわけではありません。その分、英会話を始めたいときの動機、選び方、勉強の仕方、伸び悩んだ際のアドバイスに関しては、自分が出来なかった分、そうした人よりも多く、アドバイスを提供できると考えています。

特に、せっかくオンライン英会話を始めたとしても、正しい勉強方法をしなかったり、あるいは間違ったオンライン英会話選びをしてしまうと、せっかくのお金と時間が無駄になってしまいます。

ですので、このブログでは、そうした英会話、特にオンライン英会話一般の悩みについて、色々と書き連ねていきたいと思っています。そして、このブログを読んだ方が英語に関する苦手意識を払しょくして、その英語を使ってしたいと思っていることが将来かなえられたら、何よりも喜ばしいことだと思います。

このページの先頭へ