英語でしゃべり隊の総合レビュー

pencil-1209528_1920

ポイント制をとっており、講師によって消費ポイントが変わるのが特徴の英語でしゃべり隊のレビューです。名前の通り、生徒は多くの英語を話すことを必要とされますが、フリートークだけでなく、教材のレッスンにも対応可能です。

スポンサーリンク

英語でしゃべり隊の簡易レビュー

フィリピン人系のオンライン英会話には珍しい、ポイント制の会社です。基本的には、講師の経歴や人気などから消費ポイントが分けられており、質の良い高い講師であればあるほど、消費ポイントが高いことになります。他の特徴としては、英語のレベルの進捗を図るための試験が受験できたり、中国語のレッスンが受けられたりと、いろいろと他社との差別化をはかっている印象です。

【概要】

講師   :フィリピン人
講師の場所:オフィス
授業形態 :マンツーマンレッスン
時間   :25分
教材   :オリジナル教材、ウェブ教材など
日本語対応:不明
30分の価格:260円~600円程度(一ヵ月コース)。講師はポイント制なので、講師によってばらつきがあり
良い点  :全体的に講師の質は良い、中国語コースもあり、様々なポイントバックのキャンペーンがある、CASECという英語の検定が受験できる(要ポイント)
悪い点  :教材の種類が中級~上級になると乏しい

【スコア】

講師の質(教えかた):50~90点
講師の質(サービス):50~90点
教材        :55点
使い勝手      :55点
会社のサービス   :55点
総合点       :65点

スコアの採点の方法に関しては、以前の記事を参考にしてください。

このカテゴリでは、各オンライン会社のレビューを行っていきたいと思います。もっとも、レビューは機械的に採点できないものですので、主観に頼らなくてはいけませんが、その中でも最低限の基準は設けて置こうと思います。

講師の質はポイントが低くてもまあまあ高い

英語だけでなく、中国語のレッスンも可能

無料体験レッスンのポイントの関係で、ポイント消費の高い講師を受講することはできずに、中堅レベルの講師を2人受講しましたが、コストの割には講師の質は良いと思います。新しい単語や表現を積極的に教えたり、間違いを正す姿勢はかなり好感が持てますし、話していて非常に印象の良いものでした。

ただ、教材やカリキュラムなどが少しあいまいですので、この辺は自分で管理する必要があります。また、2回レッスンを受けましたが、両方ともフィードバックが返ってきませんでしたので、そこら辺の管理はおざなりになっているのかもしません。

英語でしゃべり隊の特徴(メリットとデメリット)

ポイント制を採用していたり、ポイントの割引を受けられるようなキャンペーンがいくつかあったりと、他社と差別化を頑張っている感じは伝わります。講師の質も悪くないですし、長期的に英語を勉強するのには悪くない会社かと思います。ただ、初見ではポイントの仕組みがいま一歩分かりにくかったりするので、その辺はしばらく練習して使いこなさなければいけません。

スコア詳細

講師の質(教え方)50~90点

→講師のポイントは25~70Pの間で設定されており、ポイント消費が多ければ多いほど、傾向として良い講師です。ただし、無料体験レッスンで支給されるのは85Pで、私としては二回レッスンを受講したかったので、最高級の講師は受講せずに、中堅レベルの講師(35p~50p)を2人受けることにしました。30分辺りの金額に換算すると300~400円程度の計算になりますが、この金額の講師としては悪くない感じでした。

下限である25Pと上限である70Pの講師のクオリティは、確認していないので分かりませんが、この調子だと上限値の講師のクオリティは割と良いものだと思います。というのも、私の受講した50P程度の講師でかなり積極的に新しい語彙をレッスン中に教えてくれるようなスキルがありましたので、それ以上ということになります。ただし、金額を考えると、現実的には『中堅レベル』の講師でローテーションを組む方が良いかと思います。

講師の質(サービス):50~90点

→二人受講しましたが、二人とも満足の行くサービスでした。二人とも、こちらの言うことを最後までよく聞いてからリアクションをしてくれるタイプでしたし、私の『新しい表現を積極的に教える』『間違いは積極的に指摘する』という要望にも対応してくれました。

特に一人は、私が大学院で勉強している科目をトピックに持ってきてフリートークしましたが、割とついてこれるくらいの教養は持っていましたし、総合的にサービスの観点では満足のいくものでした。

教材        :55点

→オリジナル教材、市販教材、web教材から選択することをできますが、ここではオリジナル教材の採点を行います。オリジナル教材に関しては、質はそこまで悪くないのですが、いかんせん初心者向けにしか用意されていなくて、数がすくないことから、若干低めに採点しました。

使い勝手      :55点

→まず、レッスン時間が朝6時から深夜の1時までというのはかなり使い勝手が良いです。特に、私のように海外で生活している者にとっても、受講しやすいメリットがあります。半面、ポイント制は慣れるまで使い勝手が少し難しいところがあります(特に、ポイントがお得になる制度のところ)。

会社のサービス   :55点

→サービスを活用する場面に遭遇していないので、点数をつけるのが難しいですが、全体的に見て、悪くはない印象をうけます。ただし、二回レッスンを受けて二回ともフィードバックが返ってきませんでした。

総合点       :65点

→講師のクオリティが、値段の割には良いので、フリートークにしろ、教材にしろ、使い方さえ間違えなければ、長期的に英語力は向上していくものと思われます。あとは、取り組みにもいろいろと面白いところがありますし(例えば、開始30分以内になったレッスンの予約はポイントお特に受講できる、など)、総合的に見て悪くない会社かと思います。
メリット・デメリット

メリットとしては、講師の質がコストの割に良いところが挙げられます。一方で、デメリットの方は、教材の種類が初心者向けでしかないところ、ポイント制が少し面倒なところなどがあげられます。

無料体験レッスンの流れ

25分のレッスンを2回受講することが可能です。1回目の講師は、35p程度の講師を予約してみました。最初でしたので、とりあえずどんなレッスンがいいか聞いてみましたが、最初の5~6分くらいで大体のこちらのレベルを把握してくれて、web教材をお勧めしてくれました。web教材は、他のオンライン英会話でもよく使用しているようなbreaking newsのサイトで、初級者から上級者まで利用することができます。

Breaking Newsのトピックは、100年後の我々の生活、というもので、記事を読みながら発音を矯正してもらったり、新しい表現を覚えたり、あとは読み終わった後にトピックに関する質問が飛んでくる形です。他のオンライン英会話会社でも、割とBreaking Newsを使うところは多いのですが、正直、講師の質問や、授業の進め方に関しては、その講師のセンスによるところが大きいです。

今回の講師は、単にテンプレ的な質問だけでなく、私の生活や専攻に即した質問(例えば、経済的な観点から見た将来の世界像など)を質問に挙げてくれましたので、私としても話がつなげやすかったです。

次の講師(50p消費の講師)は、同じ教材ばかりでもつまらないので、フリートークで、私の専攻科目の経済的な分野での話を進めることにしました。割と意地悪なトピックだったと思いますが、ちゃんとこっちのレベルを見極めて、ぎりぎり知らなそうな単語を積極的に多用してくれたので、フリートークながらもためになるレッスンができました。

結論.
講師はポイント制なので、当然、レベルに多少のむらはありますが、総合的に見て、講師の質は悪くないですし、上述のように、教材を使ったレッスンにも、フリートークにも対応できるような形です。特に、会社名が表しているように、基本的には『話すこと』に重点を置いたつくりで、講師もどんどんこちらに質問を投げかけてきます。講師の教えてくれる新しい表現をノートにまとめて、ちゃんと復習を進めれば間違いなく英語力は身についていくはずです。

料金コース

最後に、料金プランです。ポイント制ですので、ポイント消費の多い講師を多用したら一回あたりの単価はあがりますし、30P前後の講師でローテーションを組めばそこまででもありませんし、上述の通り、30P前後でも講師のレベルとしては及第点です。

英語でしゃべり隊料金体系

英語でしゃべり隊料金体系

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ