World Wingstarの総合レビュー

piano-78492_1920

少数精鋭のオンライン英会話、World Wingstarの総合レビューです。講師の数は少ないですが、基本的に英語力のクオリティが高く、話していて楽しさも覚えます。

スポンサーリンク

World Wingstarの簡易レビュー

謳い文句は『オーダーメイド型』のオンライン英会話です。まあ、どこのオンライン英会話も裁量自由なのですが、World Wingstarの場合、こちらに見合った適切な方法を考えてくれます。また、カリキュラムも豊富ですし、次の講師への引継ぎが適切で、スムーズに次のレッスンに移行することができます。

【概要】

講師   :フィリピン人
講師の場所:不明
授業形態 :マンツーマンレッスン
時間   :25分
教材   :無料教材+市販教材
日本語対応:不明(一部可能)
30分の価格:420円(月30回、一般的なコース)
良い点  :講師は皆ベテランで英語力も高い、カリキュラムが整えられており長期的な英語力の向上が図れる
悪い点  :小規模

【スコア】

講師の質(教えかた):60~85点
講師の質(サービス):75~90点
教材        :採点不可
使い勝手      :50点
会社のサービス   :50点
総合点       :70点

スコアの採点の方法に関しては、以前の記事を参考にしてください。

このカテゴリでは、各オンライン会社のレビューを行っていきたいと思います。もっとも、レビューは機械的に採点できないものですので、主観に頼らなくてはいけませんが、その中でも最低限の基準は設けて置こうと思います。

講師歴が長いベテランのみを採用で、英語力も指導力も高い

長期的なカリキュラム体制が整えられている

講師歴が長く、講師にあたりはずれが無い(いい意味で)のが魅力です。講師歴は最低3年から、ただし多くは講師歴9年、10年の長期プレイヤーで、フィリピン人講師系の会社の中では、トップクオリティの英語指導力を誇ります。

World Wingstar

企業概要だけ見ると、あまり詳しいことは書かれていません。ただ、企業理念から見るに「TOEICスコアは結果」「レベルにかかわらず発音、抑揚指導」など、共感できる部分が見られます。恐らくここの創業者の方は割と英語の教育に詳しい方かと思います。

弊社の英会話トレーニングは文法を大切と基本表現を大切にし、かつ実践力を身につける事にフォーカスしております。

たまに、オンライン英会話なので、文法ではなく会話中心にレッスンを行うべきだ、と主張しているオンライン英会話もありますが、私個人的にはこれには賛成できませんし、world wingstarのレッスン方針にもあるように、文法をおろそかにすべきではありません。

World Wingstarの特徴(メリットとデメリット)

フィリピン系オンライン英会話の中では、若干高めの料金設定になっていますが、その分講師のクオリティがよく、教材も整えられていますので、値段以上に十分見合った価値があるかと思います。

スコア詳細

講師の質(教え方):60~85点

→少数精鋭をうたっているだけあり、フィリピン人講師の中ではトップクラスです。こちらの間違った箇所にも的確に反応してくれますし、英語の文法や、表現の質問に関してもしっかりと回答してくれます。さらに、こちらの勉強方法を考えるのも上手く、一緒に適したテキストを探してくれます。

講師歴が長いだけあって、日本人や韓国人、それと欧州人などへの英語指導歴もあり、流石に、教え方のツボを心得ています。間違った箇所はずばずば指摘してくれますし、そのリアクションが早いので、こちらとしても今まさに話した英語のどこがまずかったのかすぐに理解することが可能です。

講師の質(サービス):75~90点

→こちらも、フィリピン人講師の中ではトップ水準にあるかと思います。話の持っいきかたが上手く、最初の自己紹介からも十分に会話を膨らませてくれるポテンシャルを持っています。基本的には教材を使ってカリキュラム通りに進むシステムですが、仮にフリートークをしたとしたら、長いことおしゃべりが楽しめるような講師ばかりだと思います。

教材        :無料教材+市販教材

→英語の目標によって教材は異なります。例えば、ビジネス英会話をやりたい、あるいは、TOEFLの準備を行いたい、などの目的に応じて、講師が教材を用意してくれます。授業で使う分にはいいのですが、それですと、CDがついていませんし、復習や予習を考えるのであれば、実際に教材を購入することをお勧めします。

使い勝手      :50点

→レッスンの予約画面などは、いたって普通です。講師の数はそこまで多くありませんが、一応、レッスンを受けたいときにはそこそこ数が揃っていますし、講師の数はそこまでネックにはなりません。レッスンレポートには今回勉強した内容、フレーズなどをまとめてくれますし、あとから見直して分かりやすいような形です。

会社のサービス   :50点

→こちらもいたって普通です。会社の規模が大きくないので、そこまで組織だったサポートは望めないとは思いますが、一応講師の対応を見る限りは、しっかりと教育が施されていると思います。

総合点       :70点

→カリキュラムがしっかり、レベルや目的に応じて組まれていますので、長期的に英語の力を向上させることには向いていると思います。特に、ただのフリートークではありませんので、語彙力や表現力もつきますし、フィリピン人講師のオンライン英会話、というコンテンツをフルに活用できているようなイメージです。
メリット

講師の質、カリキュラムの体制、などが高く評価できます。特に、講師は皆ベテランぞろいで、長年オンラインや実際の英語スクールで教えている経験がありますので、受け答えもしっかりしていますし、英語の知識に関しても不安な点はほとんどありません。

カリキュラムに関しては、ビジネスのほか、試験対策もしっかりと行われており、長期的なスコアアップが望めます。企業の概要でも述べられていましたが、試験のスコアは一朝一夕に身につくものではありませんし、長期的な視野で見ると、カリキュラム、そして講師の質こそが、英語力の向上に欠かせない二大要素で、それら二つを十二分に備えていると思います。

デメリット

規模、知名度辺りは余り大きくありませんので、その辺がネックかと思います。ただ、企業理念として謳っていることは、少なくとも私の目から見たらまともですし、将来的に伸びていくポテンシャルを持った会社かと思いますので、これらデメリットも次期にデメリットでなくなるかも分かりません。

結論.

オンライン英会話は金額に応じてその中身も異なり、安い金額で行う場合は、カリキュラムや目標設定、教材選択まで自分一人でやる必要があります。対して、world wingstarのような会社は、生徒一人一人へのカリキュラムのオーダーメイドをうたっていますので、やることが漠然としていてわからないような生徒にもお勧めできます。

ただし、単語帳機能のようなものがついているわけではありませんし、実際には、教材のCDなどを利用して、復習を独自に進めていくと、より学習効果があります。理想的には、1日25分のオンライン英会話レッスン+それ相応の復習(30分程度)の、計1時間もかければ十分だと思います。

料金コース

最後に、料金プランです。一般社会人向け、ビジネスクラス、フリートークなどは一ヵ月30回のレッスンで10500円で、一回25分辺りの単価は420円で、通常のフィリピン人オンライン英会話の中では、多少割高な部類に属しますが、講師の質とカリキュラムの良さでとんとんです。

また、試験対策コースの場合は、月30回のレッスンで13800円となっています。

world wingstar料金体系

world wingstar料金体系

スポンサーリンク

コメントを残す



このページの先頭へ